暗算のトレーニング方法おすすめ3つ!効率的に暗算を練習する方法

PR

暗算力をつけるための、おすすめのトレーニング方法を3つ紹介します。

新しい暗算学習法「そろタッチ」
そろばん式暗算を短時間で習得
そろタッチ
暗算上級者を
2年以内に目指せる
通塾・送迎なし!
自宅で学べるオンラインレッスン
計算力・暗算力が
効率的に身につく「両手式」
\ 無料体験あり /
【公式】そろタッチ
記事作成者

株式会社サイトクリエーションの「そろばん教室」担当部署。日本珠算連盟の賛助会員。そろばんの始め方や、教室選びのポイントを解説。最近話題のオンラインそろばんも紹介。実体験やユーザーの口コミをもとにした、役立つ情報を配信中。

サイトクリエーション「そろばん教室」編集部をフォローする

暗算のトレーニング方法①そろタッチ

そろタッチアプリ

>【公式】そろタッチ

おすすめのトレーニング方法1つ目は、そろタッチです。

暗算力や計算力を高めるために考えられた学習アプリです。
タブレットを使って暗算のトレーニングをします。

そろタッチをマスターすると「そろばん式暗算(珠算式暗算)」と呼ばれる、数字を見た瞬間に高速で暗算できる能力が身につきます。
フラッシュ暗算をするときにも必要な技術です。

高度な暗算力を、短時間で習得したいなら、そろタッチがおすすめです。

そろタッチのメリット

そろタッチには、以下のようなメリットがあります。

  • 暗算力を短時間で身につけられる
  • 自宅でトレーニングできるため通学・送迎の負担が無い
  • ランキング機能もあり、モチベーションアップにも繋がる

実際に、そろタッチをやり始めてから、暗算が超短期間でできるようになったというお子さんがいます。

そろタッチは、そろばんと違い「両手」を使って学習します。
単純に操作スピードがあがるため、そろばんよりも暗算習得がはやいと実感しています。

また、毎朝更新されるランキング表示機能により、ランキング入りを目標にして頑張る子も居ます。
親が口出しをしなくても、自らそろタッチを学習・モチベーションアップにも繋がります。

>【公式】そろタッチ

暗算のトレーニング方法②そろばん

2つ目の暗算トレーニング方法は、そろばんです。

そろばんを習得すると、計算するときに「頭の中にそろばんがイメージされる」ようになります。
そのそろばんを弾いて計算することで、素早く正確に暗算で結果を出すことが可能です。

私自身、小学生の頃にそろばん教室に通っていましたが、今でも暗算は得意です。

また、私のまわりのそろばん教室に通ってそろばんを習っていた子は、だいたい暗算が得意であることを体感しています。

Xでも、そろばんを習ったおかげで暗算が得意になった、という人がいます。

今では、スマホでそろばんを学べるアプリや、オンラインでそろばんを教えてくれる教室があります。
暗算のトレーニングとして、活用してみてください。

そろばんアプリおすすめ10選!iPhone・Android対応
そろばんアプリおすすめ10選。iPhone(iPad)・Android端末のそろばんスマホアプリをまとめました。それぞれの特徴や機能なども画像付きで紹介しています。初心者~中級~上級者まで対応。
オンラインそろばん教室おすすめ比較8選
オンラインそろばんのおすすめを8教室紹介!月謝が安い、マンツーマン授業がある、時間が自由に選べるなど人気の教室を比較しました。スマホやタブレットで学習できるオンラインそろばんレッスンもあります。 >大人向けオンラインそろばんはこちら ...

暗算のトレーニング方法③100ます計算

最後3つ目の暗算トレーニング方法は、100ます計算です。

100ます計算とは、縦10ます×横10ますに0~10までの数字を書いて交差するところに答えを書く学習法です。

足し算引き算だけでなく、掛け算・割り算すべての計算が可能です。

ある程度できたら、数字はバラバラ・ランダムに書いて挑戦するのがおすすめです。パターン化せず、より複雑な計算に慣れることができます。

100ます計算をする際は、そろばんの珠をイメージしながらできるとより効果的です。

公文等を併用して100ます計算をやっている人ですが、暗算力が付いてきたと実感している人も居ました。

ただし、100ます計算をしただけでは、イメージ式暗算を身に付けることができません。100ます計算そのものにはそろばんの動きが無いからです。

そろタッチやそろばんと並行して、補助トレーニングとして活用すると良いでしょう。

また、100ます計算は、縦10・横10の計100ますです。
初めてやるお子さんは、100ます全部を解くことに負担を感じることがあるかもしれません。5ます×5ますなど、少ないます数で計算するなど工夫してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました