【成績アップ】そろばん教室を選ぶときのポイント!近い・安い・友達が一緒はNG

そろばん教室

子どもの学力や想像、記憶力アップのために、そろばんを習わせたいと言う親御さんは多くなってきているのではないでしょうか。

しかし、そろばん教室を選ぶ際に間違った選び方を行うと後から後悔する可能性も出てきます。

例えば、近所にそろばん教室があるから入れてみたけど、「教え方が古式で成績アップが望めない」「安いから入ってみたけど指導者の質が低かった」などなど、たくさんの声が聞かれます。

一度入会してしまうとなかなか退会を切り出すまで勇気と時間が必要になりますので、なるべく失敗しないようにそろばん教室を選ぶ必要があります。

そのようにならないためにも、安易に「近いから」「安いから」「友達が一緒だから」と言う理由で選んではなりません。

 

このページでは、成績アップに繋がるそろばん教室の選び方についてご紹介します。

 

そろばん教室を選ぶときは、近いとか安いとか友達が一緒などという理由で選んではいけない

お子さんのそろばん教室を選ぶときの基準は何でしょうか?家から距離が近い、月謝が安い、仲の良い友達が行っているなどの理由で教室を選んでしまうと後々後悔するかもしれません。

 

そろばんは自分自身で努力して上達していくものです。

 

しかし、そろばんの練習や検定試験はスポーツなどの習い事に比べてとても地味です。

 

競い合う友達がいるのは良いことですが、仲が良い友達がいるからという理由で教室を選んでしまうと、「友達が辞めちゃったから私も」と途中で諦めてしまうことにも繋がりかねません。

 

また自宅から近いからという理由だけで教室を選ぶというのもあまりおすすめ出来ません。

 

確かに通学するには近ければ近い方が便利ですが、授業内容はもちろん、先生の指導方針や教室の雰囲気などをしっかりと確認することが大切です。

 

いくら家から教室が近くても先生と相性が合わなかったり、教室の雰囲気が悪いとそろばんが好きでも通学するのに苦痛を感じてしまうかもしれません。

 

同じく、月謝が安いからという理由で教室を選ぶのもおすすめ出来ません。

 

先述したように、授業内容や教室の雰囲気、先生の指導方針などを確認することをおすすめします。

 

もちろん良心的な理由で月謝が安いそろばん教室もありますが、教室の設備が整っていない、授業内容が薄い、先生が一人だけで運営していて生徒全員をサポート出来ないなど。

 

様々な理由があって月謝が安い場合があります。

 

ですので、家から近い・月謝が安い・友達が一緒だからといった理由は、そろばん教室を選ぶ一つの理由にはなりますが、それらの理由だけで教室を選んでしまわないようにしましょう。

 

失敗しないそろばん教室の選ぶためにはまず体験すること

では、失敗せずにそろばん教室を選ぶ方法はあるのでしょうか?

 

一番おすすめなのが体験教室に参加することです。

 

個人のそろばん教室でも大手のそろばん教室どちらでも体験教室を開催していることが多く、体験教室は無料の場合がほとんどです。

 

体験教室の際にチェックするポイントは以下の通りです。

 

体験時にチェックするポイントは4つ

先生の指導方法や人間性

先生の指導方法や人間性は最も注目して欲しいポイントです。

 

初めてそろばん教室に通う場合はなおさらです。

 

どんなに教室の雰囲気が良く、素晴らしい授業内容だったとしても先生の指導方法が分かりやすく上手でないと理解することが自体が難しいかもしれません。

 

特に就学前の子どもにとっては重要なポイントです。

 

また就学前~就学直後の子どもにとって、そろばん教室などの習い事の先生は第二の先生と言っても過言ではありません。

 

子どもはもちろん、保護者にとっても信頼できて相性の合う先生を見つけることはとても大切です。

 

私の体験談になりますが、私は小学校1年生の終わり頃から中学校3年生の受験前まで個人のそろばん教室に通っていました。

 

学校ではまだ習っていなかった、かけ算・割り算をそろばん教室で習いました。

 

ラッキーなことに先生の教え方が上手だったのですんなりと理解することが出来ました。

 

私の先生は年配の女性の方で優しく、でも真面目に練習しない子にはちゃんと叱ることが出来る、そんな先生でした。

 

相性の良い先生と出会えたことで、長い時間そろばんを真剣に続けることが出来たのかなと思います。

 

教室や生徒の雰囲気

そろばん教室や通っている生徒の雰囲気をチェックすることも大切です。

 

近頃は正座が苦手な子どももいるでしょう。昔ながらに正座をして授業を行う教室もあれば、椅子に座っていわゆる学習塾スタイルのそろばん教室も多くあります。

 

子どもに合った教室を選びましょう。通っている生徒のそろばんに向き合う姿勢もポイントです。

 

練習中は静かにして集中しているか、そのための環境が教室に整っているかどうかを見てみましょう。

 

そろばんはとても集中力を必要とする習い事です。集中できる環境、真面目に取り組む生徒が多いほうがそろばん学習に良い環境と言えます。

 

授業内容

先生の教育方針にもよりますが、授業内容は教室に寄って大きく異なります。

 

計算能力の向上を重視している教室、珠算検定試験の合格を目指している教室、競技大会への参加を目標にしている教室など。

 

どんな教室にも共通していることは、基礎的な計算練習、指の使い方、テキストを使った練習、検定対策、フラッシュ暗算などでしょうか。

 

まず基礎的な計算が出来るように練習しながら、そろばん独特の指の使い方を学んでいきます。

 

次にテキストを使いながら正確性を上げていきます。

 

基本的な計算が出来るようになったら検定試験を受験する場合が多いです。

 

検定試験はそろばん学習のモチベーション維持にも繋がります。

 

また教室によってはフラッシュ暗算を取り入れている場合もあります。

 

フラッシュ暗算は実生活で役立つだけでなく、そろばんの上達にも一役買ってくれます。

 

費用

全国のそろばん教室の平均月謝は月4,000円から12,000円ぐらいです。

 

月謝以外にかかる費用としては、検定試験の受験料、検定対策問題集、プリント代、入塾金、設備管理費、あった方が便利なもの(文鎮、そろばんケース、かばん等)でしょうか。

 

いずれにせよ、月謝を超える費用が発生することはあまりありません。

 

ただ教室によってはそろばん本体の購入が必要な場合があります。

 

そろばん本体の価格は5,000円~10,000円です。

 

入塾の際にそろばん本体をプレゼントしてくれる場合もあります。

 

体験教室の際などに事前に確認してみましょう。

 

本気でそろばんの上達を目指している人が確認すること

「本気でそろばんを上達したい」という場合には、ワンランク上の教室選びがあります。

 

それは、検定試験を受験させてくれる教室、競技大会に積極的に参加している教室になるのですが、それぞれ、メリットをご紹介します。

 

検定試験を定期的に行っている、受験させてくれる教室

検定試験を定期的に行っている、受験させてくれる教室はたくさんあります。

 

先述したように、検定試験を受験することはそろばんに対するモチベーション維持に繋がります。

 

そして検定に合格すれば子どもの自信にも繋がります。教室選びの際に検定試験に対する取り組みや受験生徒数などを聞いてみるのもいいかもしれません。

 

競技大会に積極的に参加している教室

検定試験と違って競技大会に参加している教室はそこまで多くない印象です。

 

ですので、大会に参加している教室はかなりそろばん指導にも力を入れていると考えられます。

 

競技大会は検定試験よりもシビアな正確性を求められます。

 

練習は厳しいものになるでしょうが、子どもの成長に大きく繋がると思います。

 

本気で上を目指す生徒がいる教室は士気も高く、そろばんの学習環境としては最高と言えるでしょう。

 

無理をして通う必要はありませんが教室選びの基準にしてみても良いかもしれません。

 

まとめ

このページでは成績アップに繋がるそろばん教室の選び方についてご紹介しました。

 

そろばん教室の選び方のポイントとしては、子どもの成績を高めるために必要なことを考えることです。

 

そのためにも友達との馴れ合いや近所だからといった安易な考えでそろばん教室を選んではなりません。(もちろんその選び方でもメリットは多々あります。)

 

まずは、すぐに入会するのではなく、ほとんどのそろばん教室は体験学習のような取り組みをしているので、先に体験学習をしてみることをおすすめします。

 

その際に

・教室の雰囲気

・先生の指導方針

・授業内容や設備

これらを体験授業の際にチェックしてみてください。

私のサイトでは、そろばん教室の月謝についても書いています。

これからそろばん教室に通わせたいという方はぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました