フラッシュ暗算はいつから(何歳から)できる?

そろばん教室
PR

フラッシュ暗算はいつから(何歳から)できるのかを解説します。また、フラッシュ暗算は幼児でもできるのか、逆に大人からでも身につけられるのかも解説しているので、参考にどうぞ。

フラッシュ暗算のコツ3つ!正しいやり方と練習方法
フラッシュ暗算のコツ、瞬時に計算するやり方を解説。フラッシュ暗算できない、難しいとお悩みの方はコチラ。フラッシュ暗算1桁程度なら普通の暗算でも正解できますが、2桁~3桁は難易度が跳ね上がります。当記事では、フラッシュ暗算問題を解くコツ、練習方法をまとめました。
記事作成者

株式会社サイトクリエーションの「そろばん教室」担当部署。日本珠算連盟の賛助会員。そろばんの始め方や、教室選びのポイントを解説。最近話題のオンラインそろばんも紹介。実体験やユーザーの口コミをもとにした、役立つ情報を配信中。

サイトクリエーション「そろばん教室」編集部をフォローする
話題のオンラインそろばん教室!
よみかきそろばんくらぶ(PR)
よみかきそろばんくらぶ
家にいながらビデオ通話で
オンラインレッスン!
通塾・送迎不要!
7~21時から選べる授業!
3歳から大人までOK!
\ 3分で申し込み完了 /
無料体験授業はこちら

フラッシュ暗算はいつからできる?

フラッシュ暗算は、そろばんを始めて4~5年ほどしてからできるようになるといわれています。正確にいうと「珠算式暗算(しゅざんしきあんざん)」が身についてから可能となります。

フラッシュ暗算は珠算式暗算を身につけてから

フラッシュ暗算はいつから

珠算式暗算とは、そろばんを習得した人ができる暗算方法です。頭の中にそろばんを思い浮かべて、イメージの中で珠を弾いて計算します。そろばん式暗算ともいいます。

「そろばん式暗算」は、珠算業界では一般的に使われている言葉です。ひとことで表現すると、画像イメージで計算することです。具体的には、頭の中のそろばん画像の珠を動かし計算します。

引用:渋谷そろばん教室

フラッシュ暗算をするには、珠算式暗算が不可欠です。通常の暗算では計算が追いつきません。フラッシュ暗算の画面は、ものすごい速さで動きます。問題となる数字が秒単位で表示されては消えていきます。

フラッシュ暗算をする人の頭の中では、ハイスピードでそろばんが動いているのです。

フラッシュ暗算をしたいなら、まずはそろばんを習い、珠算式暗算を身に着けましょう。

そろばんのやり方を初心者向けに解説!初めての人向け基本知識
そろばんのやり方、そろばん初心者向けの基本知識。足し算、引き算、掛け算、割り算、暗算のやり方も。全くそろばんを触ったことがない人に向け、そろばんを始める前に必要なもの、そろばん教室の選び方、オンラインそろばん教室についてもまとめました。
珠算式暗算の練習方法|そろばんで暗算ができるまでのコツとやり方
珠算式暗算(そろばん式暗算)の練習方法、コツ、やり方を解説。そろばんが頭に浮かばないときの対処法や珠算式暗算での見取り算、掛け算のコツも紹介。そろばん式暗算の上達を目指す人や「暗算できない」とお悩みの人はこちら。

フラッシュ暗算は何歳からできる?

フラッシュ暗算は、そろばんの基礎技術が身についていれば何歳からでもできます。

暗算できるほどの珠算力をつけるには数年かかる点をふまえて逆算すると、仮に3歳(年少くらい)でそろばんを始めた場合、早くて5~7歳くらいでフラッシュ暗算ができるようになる計算です。

能力の伸びにもよりますので、一律で5~7歳=フラッシュ暗算可能、というわけではありませんが、参考にしてください。

そろばんを始めるのは5~6歳ごろが最適

そろばん自体を始めるのは、5~6歳ごろからが良いといわれています。

そろばんを始める年齢としてもっとも早いのが、数字の概念が少しずつ分かってくる3歳ごろです。5~6歳も右脳の発達が活発なためそろばんを始めるのには有利と言われています。

引用:そろばんは何歳から始めるのがいい?|いしど式オンライン

なぜ、そろばんを始めるのは5~6歳ごろがいいのか。それには2つの理由があります。

そろばんを始めるのに5~6歳頃が良い理由
  1. 先生と会話のキャッチボールができ始める時期だから
  2. 筆算ができないので、そろばんの計算方法が頭に入りやすいから

筆算ができると、そろばんの計算の邪魔になります。

例えば、1~2桁の足し算なら頭の中で暗算(筆算)できますが、3~4桁以上になると難しくなりますよね。

筆算による暗算には限界がありますが、珠算式暗算は筆算の限界を簡単に超えることができます。

それなら、すぐに限界が来る筆算は最初から使わないほうがいい。無意識に筆算で計算するようになってしまうと、珠算式暗算の邪魔になってしまうのです。

現役のそろばん教室の先生にインタビューしたときも、上達するコツのひとつに「筆算で先に答えを出さないこと」を挙げていました。

現役そろばんの先生に始め方や成績アップのポイントをインタビューしてきました。
今回は、そろばんをこれから始めたいという方に向けて、私が現役のそろばんの先生にインタビューしてきました。 そろばんを始める時に、気になることや上達する方法など、そろばんを習ってみて初めて気づくようなことを質問して、回答をいただ...

そろばん自体を始める時期については下記の記事を参考にしてください。

そろばんは何歳から始めるのが良い?そろばん教室に入れるのはいつから?
「そろばんはいつから始めるのが良いか」「そろばん教室は何歳から入れるのか」の目安をご紹介します。幼児はまだ早い?小学校高学年・中学生(高校生)・大人だけどもう遅い?など不安な方は参考にどうぞ! そろばんを始める年齢は3~8歳くらいが目安 ...

フラッシュ暗算は幼児からできる?

フラッシュ暗算は幼児からできる?

フラッシュ暗算は幼児でもできます。小さな年齢からそろばんに触れ、「頭の中に、瞬時にそろばんをイメージ」する珠算式暗算が身についている場合は、6歳未満の幼児でもフラッシュ暗算ができるでしょう。

最近は、スマートフォンでフラッシュ暗算の問題に挑戦できるアプリもあります。そろばん教室で学んだ内容の腕試しとして、ゲーム感覚で暗算練習してみるのもおすすめ。

フラッシュ暗算アプリ・ソフトおすすめ20選
フラッシュ暗算アプリ・フラッシュ暗算ソフトおすすめ。iPhone、iPad、Android、PC対応。自宅でフラッシュ暗算を練習できるスマホアプリ、パソコンソフトを厳選してまとめました。

幼児の時期から暗算・珠算などで数字に触れておけば、計算が得意な子に育つ可能性も。幼少期からのそろばんはメリットがいっぱいです。

※ここでお話した「幼児」は、小学校就学前の子供さんを指します。

幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう。
引用:乳幼児(Wikipedia)

フラッシュ暗算は大人でも習得できる?

フラッシュ暗算は大人でも習得できる?

フラッシュ暗算は、大人でも習得できます。そろばんを学んだ経験のある大人なら大きな桁数にも挑戦できるでしょう。

一桁・二桁のフラッシュ暗算であれば、これまでの計算経験や筆算式暗算で、つぎつぎに回答できるかもしれません。

しかしながら、フラッシュ暗算の表示桁数が増えていくと、珠算式暗算(そろばん式暗算)で回答していかないと、時間切れになってしまいます。

「そろばん未経験だけど、フラッシュ暗算もできるようになりたい」という場合は、習い事としてそろばんを学ぶのおすすめです。

オンラインそろばん教室おすすめ比較6選【大人向け】
大人向けオンラインそろばん教室を6つ紹介!受講料が安め、マンツーマン授業がある、時間が自由に選べるなど人気の大人向け教室を比較しました。スマホやタブレットで学習できるオンラインそろばんレッスンもあります。 オンラインそろばん教室おすすめ比...

まとめ

この記事では、フラッシュ暗算を始めるのはいつから(何歳から)なのかを紹介しました。

  • 結論①フラッシュ暗算はそろばんを始めて4~5年するとできるようになる
  • 結論②そろばん自体を始めるのは5~6歳ごろが最適
  • 結論③フラッシュ暗算は幼児や大人も習得可能

フラッシュ暗算には、頭の中にイメージしたそろばんで計算する珠算式暗算を身につける必要があります。珠算式暗算を身につけるには、そろばん教室で習うのが一番の近道です。

フラッシュ暗算のメリット5つ!右脳開発にも効果あり
フラッシュ暗算のメリットを5つ紹介。右脳開発にも効果ありと言われるフラッシュ暗算の具体的なメリットとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました