そろばんは意味ないし時代遅れと言われている理由や将来の実用性について

そろばんの知識

このページを訪れた人の多くは、そろばんに対して「意味ない」「時代遅れ」など、否定的もしくは懐疑的な方が多いのではないでしょうか。

 

そろばんは「電卓」が普及した今、不要と言われていますが、現在も小学校では算数の授業にそろばんのカリキュラムが組まれています。

 

IT技術が発展し、パソコンやスマートフォンが普及しているのになぜ「そろばんの授業」や「そろばん教室」があり続けるのでしょうか。

 

確かにそろばんは、一昔前であれば、銀行に就職するために優位な習い事の一つでしたが、今はデジタル化に伴い、その効果は無くなったと思います。

 

しかし、実際にそろばんを習っている人は口を揃えて言いますが、目先の計算ではなく、そろばん習得による「将来的価値」と「実用性」はとても大きいと話します。

 

そのため、この記事では、そろばんを否定的に捉えるのではなく、現代におけるそろばんの効果や将来の実用性を具体的に解説していきます。

 

下記の記事では、そろばんの本質や効果に関する記事をまとめています。

そろばんを学ぶことで得られる役立つ効果と本質

そろばんは電卓が普及した今、不要と言われている

 みなさんも「そろばん」を一度は使ったことがあると思います。

 

しかし、小学校を卒業してから、今も使い続けている人は少ないでしょう。

 

そもそも「そろばん」とは珠を用いた補助用具の全般を指し、そろばんを使う計算のことを「珠算」と言い、何も使わない「暗算」筆記用具を使う「筆算」などの算術のひとつです。

 

また、以前までは、そろばんの資格を持っている人=銀行などの金融機関への就職が有利になるとも言われていた時代がありました。

 

しかし、現代においては、そのような資格で優位にはたらく効果というものは少なくなってきています。

 

そのため、就職にも優位に働かない、公文などの学習教室の方が受験対策に効果的ではないかという疑念が生まれ、そろばんをやっても「意味がない」「時代遅れ」と思われるようになったのかもしれません。

 

よく公文とそろばんはどちらがいいのか、悩まれる人がいるので、以下の記事を参考にしてみてください。

そろばんと公文はどっちがいいのか解説します。

 

現在も小学校ではそろばんの授業がある

そろばんは習わせる必要がないと言われながらも、実はまだ小学校3、4年生で授業が存在しています。

 

今までの日本の教育の歴史を振り返ると、文部科学省(旧:文部省)が改定してきた小学校学習指導要領の算数の履修要件から、「そろばん」という項目が外されたことは一度もないのです。

 

それゆえに、「令和」を迎えた現代となった今でも「計算の基礎」としてそろばんは必要とされ、授業として存在している訳です。

 

また、そろばんの長所として「加・減・乗・除」のすべてが行え、桁数が多くても速く正確に計算することができるところです。

 

そのほか、脳トレにも非常に効果的で、鍛えることが難しいとされている右脳を活性化させることができるメリットがあります。

 

右脳の活性化によるメリットは以下の記事で紹介しています。

鍛えにくいと言われている右脳を活性化するとどのような効果がある?

 

 

そろばんは習うことによって本質を学ぶことができる

 続いて、そろばんの本質や効果について解説していきます。

 

様々な効果が挙げられますが、日本珠算連盟によると、全部で以下の6つの効果があると言われています。

・注意深く観察する能力
・イメージやひらめきの力
・記憶する力
・集中する力
・情報を整理する力
・速く読み・速く聴く力

 

注意深く観察する能力

「注意深く観察する能力」は「そろばん」を使い、計算する上で数字を観察し、数の仕組みを理解しようとする行動がそろばん以外の数字を駆使して分析することにつながってくるのです。

 

その注意深く、数字を分析するという行動が洞察力の起点となり、社会に出ても「会社分析」などで応用することができるのです。

 

イメージやひらめきの力

「イメージやひらめきの力」についてです。

 

日本珠算連盟に所属する「河野貴美子氏」は珠算式暗算の上級者は右脳を使っているという研究発表をしました。

 

「右脳」の活性化は「ひらめき」と呼ばれる問題解決や発明など能力を向上させると言われています。

 

また、大阪府立大学の「林寿郎教授」によると「指先のトレーニングがシナプスを刺激し、ニューロンネットワークを構築する」と述べられています。

 

つまり、新たな発想を生み出す、創造力はどんなことにおいても必要な「脳力」です。

 

「記憶する力」と「集中する力」

そして、「記憶する力」と「集中する力」についてです。

 

暗算には2種類存在し、それは右脳を使った「珠算式計算」と左脳を使った「算数式計算」です。

 

前者は右脳で処理した解答のパターン記憶を行い、長期記憶として脳内に保存されます。

 

そのため、試験などでも活用することができます。また、「そろばん」では10桁以上の膨大な数を取り扱うこともあるため、一度のミスが命取りなります。

 

よって、ミスをしまいと集中するので、集中力の向上も図れます。

 

情報を整理する力

次に、「情報を整理する力」です。

 

現代人の1日に情報量は、平安時代の一生分、江戸時代の1年分と言われ、情報過多な時代です。

 

そんな昨今、膨大な情報量を「取捨選択」することは非常に大切なスキルです。

 

そのスキルも「そろばん」で身につけることができるのです。

 

「そろばん」は数字を読み取り、右脳で処理し、左脳で変換します。

 

「インプットとアウトプット」の繰り返しで情報を整理する力を養うことができるのです。

 

速く読み、速く聴く力

最後に「速く読み、速く聴く力」は「そろばん」における「読上算」のことを指しています。

 

これは、読み上げられる問題を聞き取り、正しく処理する訓練のことでこれにより、物事を聞き取ったり、読み取ったりするスピードの向上につながり、社会に出ても非常に役立つスキルと言えます。

 

小学校でそろばんを習う理由は、計算を解くためのプロセスを知るため

これらの6つの効果から、左脳の占める割合が低い、小学生の時期に右脳を刺激することが学力の向上にもつながり、社会に出た後に活用できるあらゆる能力を身につけることができるため、未だに小学校で「そろばん」の授業があるのでしょう。

 

ただし、授業時間は限られているため、小学校で習うそろばんはあくまで「さわり」であって将来に役立つものではないと考えられます。

 

そろばんの効果を最大限に発揮するためには、「頭の中でそろばんを弾くこと」ができるようになってからであると思います。

 

そのためには、継続的にそろばんを習わせなければなりませんし、検定で言えば1級ほどの級位は必要とされています。

 

そろばんを習わせる上ではゴールも必要ですので、そのような場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

そろばん教室を辞めるときのタイミングは?

 

そろばんの実用性について 将来的にどのような効果があるのだろうか

そろばんを習得する上で重要なことは、計算ができるようになることではなく、「珠算式暗算」が頭の中でできるようになっているかどうかということです。

 

通常に、そろばんを使用して、計算ができるようになったということにはあまり意味を持たないと考えられており、そろばんは「頭の中でそろばんを弾く」ことができて初めて習得したと言ってもいいでしょう。

 

そうでもなければ、単に計算をしたというだけで、そろばんの本質である、「右脳の活性化」には繋がらないからです。

 

そろばんの本質は、右脳を鍛えて「想像力」や「物事のイメージ力」「記憶力」をより明確にさせるためにあるものです。

 

そのため、将来的にそろばんの実用性を期待するのであれば、「珠算式暗算」を身につける必要があります。

 

珠算式暗算については次の記事をご覧ください。

そろばんが頭の中浮かんでイメージ・想像できるってどういうことですか?

 

まとめ

 これまでの述べてきたのは「そろばん」についての一部に過ぎません。特に興味深い「そろばんの効果」は挙げればきりがないです。

 

「そろばん」とはみなさんが思っている以上に可能性に満ちあふれているもので、相場は1000~2000円と低コストで始められるため、損をすることはないと言っても過言ではないでしょう。

 

つまり、「そろばん」は時代遅れの単なる計算ツールではなく、人に「秘められた能力」を開放するための、最も身近にある最強の「サポートアイテム」と言えるのです。

 

最後にこれからそろばんを始めようとしている人は、初心者向けの記事ページとそろばんの世界について先生へのインタビュー記事を掲載していますので、参考にしてみてください。

 

【必見】初心者がそろばんを始める時に損をしない情報まとめ

各連盟・協会のそろばんの先生にインタビュー記事まとめ

 

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

<<<おすすめオンラインそろばん教室の完全ロードマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました