そろばんの効果は暗算だけじゃない!国語力も上がるのは本当なの?

そろばんの知識

そろばんの効果として、暗算や計算が得意になるということは有名な話ですし、誰もが知っていることです。

 

しかし、実はそろばんは国語の成績アップにもつながるという効果があるのはご存知でしょうか。

 

そろばんは、「単なる計算」ができるようになるだけ、「意味がない」と言われることもしばしば。

 

私としては非常に残念ですが、電卓が普及している今、そろばんは「古い」と決めつけている人が多いようです。

 

でも子どもの頃からそろばんを続けて習っている人って実は、「ひらめき」や「想像力」が養われているため、国語の成績は良いとされるのです。

 

そのひらめきや想像力というのは、目に見えてわかることではないのですが、そろばんは右脳を刺激して活性化させるという効果が事実としてあります。

 

そのため、そろばんは地味で人気がないかもしれないのですが、将来的に役立つ習い事の一つであります。

 

右脳を活性化することにより、イメージを可視化することができ、国語の文章を読んでも頭の中でしっかりと想像することができるため、成績アップにつながるというわけです。

 

そろばんの効果はあるのか?メリットについて

結論から言うと、そろばんは「右脳」に良い効果を発揮します。右脳は算数(数学)で一番大切と言われている図形の認識能力が上がると言われています。

 

元々そろばんは頭の中にそろばんをイメージして、頭の中のそろばんで計算結果をはじき出す感覚で行っているので、算数や数学で使用する点Pが動く空間図形系統の問題や算数に対する苦手意識がなくなりやすくなります。

 

その他にも右脳を鍛えれば、発想力が格段に上がり記憶力がよくなると言われています。

 

某大手塾では、幼児を対象にしたそろばん授業を実際の授業が始まる少し前に取り組んでいる位に重要視されています。

 

そろばんを小さい頃からすれば偏差値が上がるのか?

私自身昔からそろばん教室に通い、そろばんが出来る方だと自負しています。実際に自分の偏差値は55くらいです。

 

55というのは一般的な偏差値で、偏差値が良い方とは言えません。

 

そろばんは、記憶力や計算の処理能力など、通常では鍛える事が難しい部分を鍛えることは確かにできますが、あくまでも「きっかけ」に過ぎません。

 

偏差値というのは、日々の勉強の積み重ねでしか上げることは出来ないです。

 

実際に自分がそろばんをしていて学校の勉強で役に立ったのは、細かい消費税などの計算能力だったり3桁の掛け算の計算を手計算+頭でも出来るのでテストを受けている時に、セルフダブルチェックが行えるというのが大きなメリットに感じていました。

 

上記でも少し紹介しましたが、殆どの子供は図形やグラフに苦手意識を持ちますが、私の場合は殆ど苦手と感じる事もありませんでした。

 

一緒にそろばん教室に通っていた友達も図形などのテストの点数は比較的に良かったのを覚えています。

 

しかしながら、そろばんは勉強のきっかけに過ぎませんが、そろばんをやっている人とやっていない人で算数や発想力や記憶力のスタートラインは異なっているとは思います。

 

 

そろばんの効果は暗算だけではなく、国語力も上がるのか

厳密に言うとそろばんを学ぶと相対的に国語の能力が上がっていくというのは違うと思います。私はそろばんをマスターしていましたが、最初は国語が苦手でした。

 

そろばんは頭の中でそろばんを想像して結果をアウトプットするので、物事を「可視化」して捉える能力が高くなる傾向があります。

 

可視化の能力を身に着けるという事は、国語の文章を自分なりに理解し、作者が思い描いていた光景を頭の中で作り出し、自分の中で答えを導き出すという能力を発揮しやすいので、結果として国語の能力が高くなると考えられていると思います。

 

なので、そろばんをしたら国語の力が上がるのでなく、国語の力を身に着けるきっかけ作りが出来ているというのが正しい事柄であると言えます。

 

国語には漢字や四字熟語なども含まれているので、国語の能力(偏差値)を上げようと考えた場合は、国語の勉強をしないといけないという事になります。

 

 

そろばんを今から始めようと思っている人

そろばんを今から始めようと思っている人は、悩んでないで一先ずしてみる事をオススメします。

 

パソコンなどの高いお金はそろばんでは数千円しかかからないので、一回してみて自分の中で得るものがあれば続ければいいですし、逆に自分に向いていないと思えば辞めればいいだけなので、一度チャレンジしてみるという事が大切だと思います。

 

そろばんを最終的にしなかったとしても、自分が知らない事を「チャレンジ」したという事実が何より大切だと考えるからです。

 

今後社会人になる時にも知らないことをチャレンジしますし、今社会人の人でも部署移動などで新しい分野にチャレンジするので、自分が知らない世界に飛び込んでみるというのも一つ面白いかもしれません。

 

 

まとめ 結局そろばんで身につくものは何か?

色々この記事でそろばんのメリットについて、説明してきましたが、そろばんで身につく能力は数学の処理能力が上がるのは勿論の事、頭の中でそろばんをイメージして結果を瞬時に出す瞬発力(ケアレスミスがない)を上昇させることが出来ます。

 

それに相対して集中力もアップするので、今から中学受験や高校受験を控えているのであれば、1度子供にそろばんを与えてみるのも他の子供に大きな差をつける事が出来ると考えます。

 

受験は限られた時間の中で、答えを出すという勝負なので、そういった意味ではそろばんも近しいものがあると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました