2024年そろばん検定の日程はいつ?全珠連と日珠連の日程カレンダー

2022年そろばん検定の日程はいつ?合格点や検定料も詳細に紹介そろばん教室
PR

2024年のそろばん検定試験の日程、申込方法や合格についてご紹介します。

記事作成者

株式会社サイトクリエーションの「そろばん教室」担当部署。日本珠算連盟の賛助会員。そろばんの始め方や、教室選びのポイントを解説。最近話題のオンラインそろばんも紹介。実体験やユーザーの口コミをもとにした、役立つ情報を配信中。

サイトクリエーション「そろばん教室」編集部をフォローする
話題のオンラインそろばん教室!
よみかきそろばんくらぶ(PR)
よみかきそろばんくらぶ
家にいながらビデオ通話で
オンラインレッスン!
通塾・送迎不要!
7~21時から選べる授業!
3歳から大人までOK!
\ 3分で申し込み完了 /
無料体験授業はこちら

全国珠算教育連盟|珠算検定の日程

全国珠算教育連盟(通称:全珠連)の珠算検定日程、試験概要(申込方法や受験料)、合格発表は以下の通りです。

全珠連 珠算検定日程 2024年

全珠連(全国珠算教育連盟)の試験日(2024年)

検定種目試験回数/年間開催/月
段位
1級~準3級
年6回実施1・3・5・7・9・11月
(奇数月)
4級~15級年12回実施1月~12月
(毎月)

試験日
段位及び1級~準3級は1・3・5・7・9・11月の年6回実施。
(4級~15級は毎月の年12回実施)
参照:珠算検定試験(全国珠算教育連盟)

全珠連 珠算検定の試験概要|申込方法・合格発表

全珠連 珠算検定の申込方法

全珠連の珠算検定は、全珠連に加入しているそろばん教室からの申込が必要です。基本的には、そろばん教室単位で全珠連の支部へ申込をします。

個人で申し込む場合には、最寄りの全珠連に加盟しているそろばん教室に問い合わせをして、申込をお願いする必要があります。全珠連は全国各地に支部があり、支部ごとで申込期間が、別途、定められている場合があります。

全珠連主催・珠算検定の日程や詳細は、各地方の全珠連支部、または通っているそろばん教室でご確認ください。

>全国珠算教育連盟 全国の支部一覧

全珠連 珠算検定の合格発表

全珠連 珠算検定の合格発表も、各地方の全珠連支部・公式ホームページ内に掲載されます。

全珠連 珠算検定の受験料

全珠連の検定試験の受験料は以下の通りです。

受験級・段受験料
段位3,000円(税込)
1級2,400円(税込)
準1級2,200円(税込)
2級1,800円(税込)
準2級1,700円(税込)
3級1,600円(税込)
準3級1,500円(税込)
4級~準6級各1,100円(税込)
7級~10級各1,000円(税込)
11級~15級各600円(税込)

全珠連 珠算検定試験の合格点と合格率

全珠連珠算検定試験の合格点は下記の通りです。

【全珠連】級位の合格点|1種目150点満点

級位種目種目の合計合格点
1級~準3級かけ算
わり算
みとり算

2種※①
計5種目各種目100点以上
4級~8級かけ算
わり算
みとり算
計3種目各種目100点以上
9級かけ算
みとり算
計2種目各種目100点以上
10級~15級見取算A
見取算B
計2種目各種目100点以上

※①伝票算、暗算、応用計算から2種を審査選択

参照:珠算検定試験 合格基準(全国珠算教育連盟)

【全珠連】段位の合格点|1種目300点満点

段位種目種目の合計段位認定基準
準初段~10段かけ算
わり算
みとり算

3種※②
計6種目点数により段位が上昇

※②伝票算、暗算、応用計算、開法から3種を審査選択

全種連の段位試験の内容は、各段位で共通、同じ問題が出題されます。合計6種目の点数によって段位が判定されます。(準初段~最高10段まで)

  • 準初段 80点
  • 初段 100点
  • 準2段 110点
  • 2段 120点
  • 準3段 130点
  • 3段 140点
  • 準4段 150点
  • 4段 160点
  • 準5段 170点
  • 5段 180点
  • 準6段 190点
  • 6段 200点
  • 7段 220点
  • 8段 240点
  • 9段 260点
  • 10段 290点

全珠連 珠算検定の合格率

全珠連珠算検定の合格率は、正式に公表されていません。一般的には、全珠連は日珠連と比較すると合格しやすいと言われています。

日本珠算連盟|珠算検定の日程

日本珠算連盟(通称:日珠連)の珠算検定日程、試験概要(申込方法や受験料)、合格発表は以下の通りです。

日珠連 珠算能力検定日程 2024年

日珠連(日本珠算連盟)の試験日(2024年)

種目受験級試験回数/年間開催/月
珠算段位
1級~3級
年3回実施2・6・10月
珠算準1~3級
4~9・10級
年6回実施2・4・6・8・10・12月
(偶数月)
暗算1~10級
(準1~3級含む)
年6回実施2・4・6・8・10・12月
(偶数月)
検定月珠算
1~3級
段位
珠算
準1~3級
4~9・10級
暗算
1~10級
(準1~3級含む)
2024年
4月
4/14
(第2日曜)
4/14
(第2日曜)
2024年
6月
6/23
(第4日曜)
6/23
(第4日曜)
6/23
(第4日曜)
2024年
8月
8/4
(第1日曜)
8/4
(第1日曜)
2024年
10月
10/27
(第4日曜)
10/27
(第4日曜)
10/27
(第4日曜)
2024年
12月
12/8
(第2日曜)
12/8
(第2日曜)
2025年
2月
2/9
(第2日曜)
2/9
(第2日曜)
2/9
(第2日曜)

※6/1(土)~7/20(土) 全国あんざんコンクール
※7/28(日)予定 そろばん グランプリJP
※11/1(金)~12/20(金) 全国そろばんコンクール

引用:検定・コンクールカレンダー|日本珠算連盟

日珠連の珠算検定は偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)に開催されます。個人で申し込む場合は年3回の受験※①ですが、日珠連に加入しているそろばん塾の生徒であれば年6回の受験が可能※②です。

※①:(統一検定と言います)段位・1〜3級は、統一試験のみです。

※②:(統一検定の他の月は随時検定と言います)

検定の種類試験日
統一検定
※個人申込OK
2024年6月23日(日)
2024年10月27日(日)
2025年2月9日(日)
随時検定
※日珠連珠算教室から申込
2024年4月14日(日)
2024年8月4日(日)
2024年12月8日(日)

2024年度のそろばん検定は、統一試験が6月23日(日)、10月27日(日)、2月9日(日)です。

随時検定は、統一検定日に加えて、4月14日(日)、8月4日(日)、12月8日(日)に行われます。

  • 段位・1〜3級は、統一試験のみ
  • それ以外は統一試験と随時試験
  • 珠算検定と暗算検定は別物
  • 暗算検定は随時検定。年6回受験可能

日珠連 珠算能力検定の試験概要|申込方法・合格発表

日珠連 珠算能力検定の申込方法

日珠連の珠算検定能力試験の申込は、各地方の商工会議所が窓口になっています。その他、珠算連盟や通っているそろばん教室から申し込めます。

珠算検定試験、暗算検定試験、段位認定試験の受験申込みは、受験希望地にある”商工会議所“または”珠算連盟“(事務局のほとんどは商工会議所の中にあります)にご確認ください。

珠算塾(教室)で珠算を習っている場合には、塾等の先生に直接お尋ねください。

引用:申込方法|日本珠算連盟

珠算検定試験日の2ヶ月ほど前に各地の商工会議所ホームページに申込要綱が掲載されますので、申し込み期日内に手続きを行います。

日珠連の珠算検定は、ネット予約は受付していません。商工会議所に出向き、申込手続きを行う、もしくは郵送で受験申込を行います。

  • 各地商工会議所に出向き、申込手続きを行う
  • 管轄する商工会議所の公式サイトより、申込要綱をダウンロードし、郵送(「○○検定○級要綱希望」と記入し、返信用封筒を同封の上、当所○○検定係へ送付)

日珠連 珠算能力検定の合格発表

日珠連の合格発表は、施行珠算連盟、もしくは施行商工会議所で発表されます。

合格発表はいつですか?
一定の据置期間経過後、施行珠算連盟あるいは施行商工会議所で発表します。
引用:よくある質問(検定編)|日本珠算連盟

日珠連 珠算能力検定の受験料

日珠連の検定試験の受験料は以下の通りです。

受験級・段受験料
段位認定
(珠算+暗算)
2950円(税込)
段位認定
(珠算のみ)
2550円(税込)
段位認定
(暗算のみ)
1220円(税込)
珠算1級2340円(税込)
珠算2級1730円(税込)
珠算3級1530円(税込)
珠算4〜6級1020円(税込)
珠算7〜10級910円(税込)
暗算1級~10級910円(税込)

日珠連 珠算能力検定試験の合格点と合格率

日珠連 珠算能力検定の合格点

日珠連 珠算能力検定の合格基準点

級位合格基準点満点
1~6級240点以上300点
準1~準3級240点以上300点
7~9級120点以上200点
10級60点以上200点

日珠連 珠算能力検定の合格率

■1級

実施年受験者数合格者数合格率
2023年21,2926,08428.6%
2022年23,3816,93929.7%
2021年23,5127,55932.1%

■2級

実施年受験者数合格者数合格率
2023年25,3979,25536.4%
2022年28,23610,83838.4%
2021年29,41612,49542.5%

■3級

実施年受験者数合格者数合格率
2023年29,05315,44253.2%
2022年33,68718,12353.8%
2021年35,27720,46258.0%

引用:日本資格取得支援 

日珠連 珠算検定(1級〜3級)の合格率をざっくり計算すると……

  • 珠算1級は、3割の受験者が合格
  • 珠算2級は、4割の受験者が合格
  • 珠算3級は、5割の受験者が合格

2023年の合格率は1〜3級の全ての級において1級が28.6%、2級36.4%、3級が53.2と過去3年で低い合格率となっています。

このことから、そろばん検定自体の価値が相対的に高くなっているとも言えるでしょう。

全珠連と日珠連の違い

そろばんの連盟は「全国珠算教育連盟(全珠連)」と「日本珠算連盟(日珠連)」の2種類が代表的。そして、そろばん検定は、通っているそろばん塾がどの連盟に加入しているかで、検定試験の内容が変わってきます。

全珠連と日珠連の違いを簡単に比較してみましょう。

珠算検定(そろばん検定)の比較

全珠連日珠連
珠算検定10段~15級10段~10級
受験料1級2,400円2,340円
受験料2級1,800円1,730円
受験料3級1,600円1,530円
検定内容かけ算
わり算
みとり算

伝票算、暗算、応用計算から2種(準3級以上)
かけ算
わり算
みとり算
難易度ふつう難しい

暗算検定の比較

全珠連日珠連
暗算検定10段~10級10段~10級
受験料(級)7~10級 600円
4~6級 900円
1~3級 1000円
一律910円
受験料(段)1,600円1,220円
珠算+暗算段位2,950円

全珠連と日珠連|難易度の違い

全珠連は、日珠連よりも比較的簡単で、日珠連の3級が全珠連の1級とも言われています。よって、そろばんの力、計算力をしっかり身につけたい場合は、日珠連の珠算検定を目指すのがおすすめ。

そろばんの検定試験は、多くの連盟が独自に行っていますが、一般的にも日珠連のそろばん検定を指す人が多いです。

難易度の違いを図るべく、全珠連と日珠連の「見取り算1級」の試験問題を比較してみましょう。

 

同じ「1級」と名前がついていても、日珠連は桁数・口数ともに多く、難易度の高さが見て取れます。

全珠連の珠算検定は、種目が多く、級位も幅広い

全珠連の珠算検定は15級からはじまる幅広い級位や、準3級以上で選択式になる伝票算、暗算、応用計算など、幅広いカテゴリーで試験に臨めるのが特徴的です。

珠算検定試験の他、暗算検定、フラッシュ暗算検定、算数チャレンジもあります。腕試しにちょうどいいそろばん検定です。

日珠連にも、フラッシュ暗算検定や読み上げ珠算検定あり

日珠連に加盟している教室の生徒であれば、珠算検定、暗算検定の他に、フラッシュ暗算や読上げ珠算・暗算検定試験が受験できます。5種目段位表彰もあるため、挑戦してみるのもおすすめです。

全珠連と日珠連|受験料の違い

全珠連と日珠連の受験料を比較すると、日珠連のほうが少し安い受験料で、検定試験を受けられると分かります。少しでも安く、珠算検定を取得したい場合は、日珠連のそろばん検定がおすすめです。

日珠連のそろばん検定は、上位級の同時受験OK

日珠連のそろばん検定は、同じ日に上位級の受験ができます。(例:3級を受験した同じ日に2級も受ける)

あくまでも「上位級」の受験ですので、飛び級を同じ日に受験することはできません。(例:5級と3級を同時に受験はできない)

受験時間は、奇数の級位(1級,3級,5級,7級,9級)と偶数の級位及び段位(2級,4級,6級,8級,10級、段位)とで区別されます。

奇数級と偶数級で、受験時間が異なるため、ほとんどの商工会議所で違う級を同時に受験が可能です。

※日珠連は、珠算と暗算も、いっぺんに受験できます。

まとめ

全珠連・日珠連の珠算検定試験の日程を中心に、2024年そろばん検定試験の概要をご紹介しました。

全珠連に加入しているそろばん教室であれば、全珠連の検定が受験できます。いっぽうで、日珠連に加入しているそろばん教室であれば、日珠連の検定が受験できます。

日珠連に非加入のそろばん教室で、日珠連の検定に申し込むには、教室単位ではなく、個人で商工会議所にて申込手続きを行う必要があります。

日珠連のそろばん検定試験の合格を目指しているのであれば、最初から日珠連に加盟しているそろばん教室を選んだ方が受験回数が増え、試験を受ける機会に恵まれます。

そろばん教室の選び方は以下の記事でくわしく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

そろばん教室の選び方!良し悪しを見分ける4つのポイント
この記事では失敗しないそろばん教室の選び方をお伝えします。これからそろばん教室に通おうと考えている方、お子さんをそろばん教室に通わせようと思っている親御さんは参考にしてください。 そろばん教室を選ぶときに避けるべき3つの理由 そ...

さいごに。そろばんの検定試験は、日本珠算連盟(日珠連)や全国珠算教育連盟(全珠連)をよく耳にしますが、実は、全国珠算連盟や日本フラッシュ暗算協会など多くの連盟が存在します。

腕試しで他の検定試験にもチャレンジしたいという場合には、さまざまな連盟の検定試験にもぜひ参加してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました