そろばん教室の月謝相場と子どもの成績アップにつながる選び方

そろばん教室

そろばん教室に子どもを通わせてそろばんを勉強させたい、もしくはあなた自身がそろばん教室に通いたいと考えている場合、まず気になるところが月謝代金です。

 

ご質問の中に、月謝の相場はいくらですか〜という質問が多く寄せられましたので、この記事でご紹介します。

 

結論からお伝えすれば、月謝は安くても4、5000円です。

 

この料金を安いか高いかは別物として、教室などの出費はそろばんだけではありませんし、他の教室にも通っているご家庭であればなるべく出費を抑えたいものですよね。意外に習い事の出費って多いんですよ。。。

 

でも実は、そろばん教室は場所や設備、指導者(先生)などによっても大きく月謝が変わりますので、どの程度そろばんに注力するかによって選び方は変わってくると思いますよ。

 

そのため、月謝の料金もそうですが、教室の選び方のポイントで重要なのは、その教室の指導方針と指導者です。

 

ですから、あなた自身はどのような教室に通わせたい・通いたいのか、例えば学習能力を高めたいのかそろばんの基礎を学びたいのか。それに見合った教室をあなた自身が決めるといいでしょう。

 

決して安いから良くない、高いから良いという判断をしてはいけませんし、一番はあなた自身が求めているものにマッチしているかどうかが大切になりますので、その点はご注意ください。

全国そろばん教室の月謝の相場は4,000~12,000円

先に述べましたが、月謝の相場は安くても4、5000円です。

 

その中で、そろばん教室はどのように運営されているのか簡単にご説明します。

 

日本には大きなそろばん連盟が2つあり、そのうちの1つ日本珠算連盟の公式サイトには「地域によって異なるが、月4,000円~12,000円くらい」とありました。

 

ちなみに東京都の平均的な月謝相場は月6,000円です。

 

一部ですが東京都区部ごとの月謝相場は以下の通りです。

・大田区の月謝相場は月5,800円、最安値は月3,900円、最高値は月8,800

・江東区の月謝相場は月5,600円、最安値は月3,900円、最高値は月9,350

・港区の月謝相場は月6,760円、最安値は月3,900円、最高値は月11,000

 

教室によって振り幅が大きいですが、やはり都内の月謝相場は月6,000円といったところです。

 

参考までに、他府県の月謝相場は以下の通りです。

・大阪府大阪市中央区の月謝相場は月4,671円、最安値は月3,135円、最高値は月11,000

・愛知県名古屋市北区の月謝相場は月2,458円、最安値は月2,244円、最高値は月3,850

都道府県によってそろばん教室の平均月謝相場は大きく違うようです。

 

そろばん教室の授業回数や授業内容によっても変わる

そろばん教室の月謝は、週に何回・何時間教室へ通うか、教室の授業内容によって異なります。

 

例えば、フラッシュ暗算のためのタブレット端末を生徒一人一人に用意している教室はそうではない教室に比べて月謝は高くなる傾向があります。

 

競技会・コンクール出場に力を入れている教室も月謝が高い傾向があります。

 

そろばん教室で月謝の他にかかる費用がある

そろばん教室で月謝以外にかかる費用といえば、以下の物が必要になる事が多いです。

 

・検定試験の受験料

・検定問題集、プリントなどの教材費

・入塾金

・冷暖房費などの設備管理費

・あった方が便利な物(文鎮、そろばんケースなど)

 

珠算検定試験を受験する際には、受験料が必要になります。

 

受験料は受験する級や段位によって変わり、一番難易度の低い10級は約900円から、段位でも3,000円しないぐらいです。

 

珠算検定試験に合格すると、その都度検定問題集は買い替える必要があります。

 

検定問題集は約1,000円ぐらいです。教室によっては検定問題集を貸し出してくれる場合もあります。

 

また教室によっては、そろばん本体の購入が必要な場合もあります。

 

昔ながらの一般的なそろばんは約5,000円ぐらいで、ボタンを押すだけで珠をリセット出来るワンタッチ式のそろばんは約7,000円~12,000円ぐらいです。

 

教室によってはそろばんをプレゼントしてくれる場合もありますので一度教室に確認してみてください。

 

 

個人と大手のそろばん教室 どちらがいいの?メリット・デメリット

次はそろばん教室の選び方になるのですが、そろばん教室にも大手有名そろばん教室や個人で運営されている教室もあります。

この質問もよく受けることがありますので、大手のそろばん教室と、個人のそろばんのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

大手そろばん教室のメリット・デメリット

【メリット】

・立地が良い

 

大手そろばん教室は駅チカだったり、同じ市内にいくつか教室が開設されていることもあります。

 

またイオンなどの大型商業施設に併設されていることもあります。

 

・講師の質が良い、しつけや教育面でも子どもを見てくれる

 

大手の教室は長年の実績があります。それ故にそろばん講師は常にスキルアップを求められます。

 

教室によっては講師に年間で一定数の履修を義務付けている場合もあります。

 

経験豊富な講師陣がしつけや教育面でも子どもをサポートしてくれる事も。

 

【デメリット】

・月謝が高め

大手そろばん教室は講師の質やサポート面がしっかりしているからこそ、個人教室に比べて月謝が高めになる傾向があります。

 

個人そろばん教室のメリット・デメリット

【メリット】

・月謝が安い

個人のそろばん教室は大手教室に比べて月謝が安いことが多いです。

 

その分、教室の設備や授業内容は簡単なものになるかもしれませんが、月謝は毎月の事なので安ければ安い方が良い方も多いのではないでしょうか。

 

・地域に密着した教室が多いから子どもの交友関係が広がりやすい

 

個人教室はその地域に住む子ども達が通うことがほとんどです。

 

学校で付き合いは無かったけど、そろばん教室で知り合って仲良くなれた!という話はよく聞きます。

 

交友関係が広がりやすいのも個人教室の一つのメリットかもしれません。

 

 

【デメリット】

・生徒一人一人に対するサポートが少ない場合も

 

教室にもよりますが個人のそろばん教室では講師が一人だけという場合が多いです。

 

私の体験談ですが、私が通っていた個人そろばん教室は年配の先生が一人で教室を運営されていました。

 

入塾したての子ども達はそろばんについて何も分かりません。

 

そういった子どもたち数人を先生が一人で教えるのはあまり効率的ではありません。

 

実際、ついていけなかった数名の子らは数ヶ月で退会していきました。十分なサポートを受けたい場合には個人そろばん教室はおすすめ出来ないかもしれません。

 

子どもの成績をアップさせるためには月謝よりも設備や先生を見ることがおすすめ

大手教室と個人教室のメリット・デメリットをご紹介しましたが、結論から言うと子どもの成績アップを第一に考えるならば月謝で教室を選ぶのはおすすめしません。

 

そろばんはある意味単調な習い事です。

 

設備や講師の質が良ければ、楽しみながら学習することができます。

 

フラッシュ暗算もその一つです。

 

やること(計算すること)には変わりありませんがその方法が、プリントからデバイス画面に変わるだけで大きく違うように感じるのです。

 

そろばんを他の勉強における心構えや姿勢に活かすためにも、ぜひ教室の設備や授業内容、講師陣の質に注目してみてください。

 

週に何回通わせるのがいいのが効果的?

長時間を週1回で通うよりも、週に23回・1時間~1時間半を継続して通う方がおすすめです。

 

そろばんは触れれば触れるほど上達します。逆を言えば、週1回そろばんを触るかぐらいの頻度ではなかなか上達しないと思います。

 

1回長時間の練習よりも、週23回短時間で練習する方がよっぽど効果的です。

 

理想は毎日そろばんを触ることなので、そろばん教室に通わない日は30分だけでも自主的に練習させるのもオススメです。

 

まとめ

この記事では、そろばん教室の月謝の相場からそろばん教室の選び方までご紹介しました。

 

月謝の相場は4,00012,000円。

 

相場で見ても8,000円の開きがあります。最高値の教室は最安値の3倍もしますからね。

 

でもやっぱり家計に優しいのは月謝の安い方。なるべく安くていい教室に目がいってしまう。

 

その気持ちもよくわかります。

 

しかし、記事冒頭でも述べましたが、そろばん教室の選び方としては、安い高いで決めてはいけないということです。

 

値段だけにとらわれることなく、きちんと先生や設備、授業内容をチェックして、あなた自身にマッチする教室を選ぶことをお勧めします。

 

そろばん学習は計算能力(暗算能力)はもちろん、記憶力、応用力、集中力、忍耐力などを身につけるにもピッタリの習い事です。

 

そろばんで身につけた力は学校での学習にも必ず役立ちます。また、学習塾に通うよりも月謝が抑えられるのも一つのメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました