【初心者向け】そろばんを始める時に準備する物やメンテナンス方法

そろばん初心者

そろばんを始めるときに、まず何を準備すれば良いかわかりません。

 

そろばんを始めようと思ったけれども、右も左もわからない状態でスタートすることは中々、次の行動に移せませんね。

 

また、最低限のそろばんは準備するにしても、そろばんにも木製からプラスチック製のものまで多種多様なそろばんがあります。

 

目的に合ったそろばんを選ばなければ、後々買い替えが必要になったりする場合もありますので、注意が必要です。

 

この記事では失敗しないそろばんグッズの揃え方にについてご紹介していきますので、最後までご覧ください。

 

自分に合ったそろばんを買う事で、成績アップに繋がったり、時間短縮に繋がったりしますので、そろばん選びは案外重要ですよ。

そろばんを始めるために準備するもの

そろばんを始める初心者の方がまず、「どのそろばんを買えば良いのか」ということに悩みます。

 

一概に「そろばん」と言ってもその種類は数えきれません。

 

例えば、皆さんも一度は目にしたことがある、一般的なそろばんから、学校での授業で使用されている「大きなそろばん」や幼児用の「100玉そろばん」など挙げればきりがありません。

 

その中でも初心者の方にオススメのそろばんを紹介していきたいと思います。

 

そろばん

 

「そろばん」の相場は20003000円とリーズナブルです。

 

「そろばん」の選び方のポイントとしてまず、23桁のそろばんをオススメします。

 

そろばんには13桁、23桁、27桁のものがありますが、今後学習していくと、13桁だと桁数が少なすぎ、買い換えが必要だったり、逆に27桁となると初心者にはややこしく、解くのに時間がかかったりするため、23桁のものをオススメします。

 

ちなみに試験においても答えが23桁以上の問題は出てきませんので、23桁のそろばんがあれば問題はありません。

 

また、13桁のものですと、プラスチック製の珠であったりすることがありますが、本格的にそろばんを始めようと考えている方は、必ずそろばんの珠は木製のものを選択してください。

 

理由としては、珠の滑りが悪かったりするからです。

 

木製の珠には、茶色のカバ珠と黄色のツゲ珠の2種類がありますが、上級者はツゲ珠、初級者〜上級者はカバ珠を使用するイメージがあります。

 

とはいってもそろばん選びは好みもありますので、オーソドックスであれば茶色のカバ珠を使用すればい良いですし、「最初からツゲ珠に慣れる」という場合はツゲ珠を使っても良いと思っています。

 

そのほか、そろばんの機能には、ワンタッチ機能付きもあったりします。

 

ワンタッチ機能付きというのは「そろばん」の上部に付いているボタンを押すと、珠がリセットされる機能が付いているそろばんのことです。

 

このワンタッチ機能があることによって、ご破算がすぐにできるため、1秒を争う試験などでは、有効的で、かつ時間の短縮にもつながるため、上位の段になればなるほど重宝されます。

 

そのため、この2つの条件を満たす、そろばんを強くオススメします。

 

また、そろばんを習い始めるに当たって調べると、「子供用そろばん」が出てくると思います。子供用そろばんはそろばんをわざわざ購入してイチから行う必要はないと思います。

 

23歳から習い始めるとしたら、あると便利ですが、小学校低学年からであれば、子供用そろばんをすぐに卒業して本格的な「そろばん」に移ることになるのでコストがかさんでしまうのでオススメしません。

 

そろばん教材

そろばんを習っていく上で教材はなくてはありません。

 

独学ならなおさらです。教材を選ぶポイントとしてまずはページ数が少ないものをオススメします。

 

独学では「モチベーション」の維持が非常に重要になってくるため、いきなり分厚問題集を買ってしまうと、長続きしません。

 

そのため、基本問題しか載っていない薄い問題集を解いていくやり方が自信も付き継続していきやすいと思います。

 

筆記用具

そろばんで問題を解いて解答を紙に記入する上ではシャープペンシルではなく、「鉛筆」をオススメします。

 

なぜかというと、シャープペンシルだとそろばんの薄い紙を破いてしまう可能性や習い始める対象が小学校低学年なこともあり、鉛筆をオススメします。

 

特に1015cm程度の長さの鉛筆が非常に使いやすいです。

 

また、今現在は目にする機会が少なくなってきたロケットペンシル(ロケペン)を使用している人も多いですね。

 

鉛筆とロケペンがどちらが良いとは言い切れませんが、お好みで使用してみるといいと思います。

 

文鎮

そろばんを学習していくに当たって文鎮が必要になってきます。

 

文鎮と聞いて習字を思い浮かべた人も少なくないと思います。

 

そろばんでも文鎮は必要となってきます。

 

なぜ、そろばんで文鎮を使うのかというと、試験や大会などの問題用紙が半紙のように非常に薄いため、文鎮を置かずに問題を解こうとすると紙が滑ってしまい大幅なタイムロスにも繋がってしまうのでそろばんにも文鎮が必要なのです。

 

そろばんグッズが売っている場所や店・注意すべきポイント

そろばんを始めるに当たって、コストをできるだけ抑えたいという人少なからずいると思います。

 

そろばん本体は、100円均一などでも売られている、安いものから上等な素材でできた本格的なものまであります。

 

その購入に際しての注意すべきポイントを説明していきたいと思います。

 

100円均一で購入できるそろばんは13桁の場合が多いです。

 

先ほども述べたとおり、13桁だといずれ買い換えなければならないため、オススメできません。

 

イチから始めるのであれば、各種準備道具がセットになっているものの購入をおすすめします。

 

セットになっているため、コストも抑えられ、良いスタートダッシュがきれると思います。

 

これらを購入するためには、楽天市場Amazonなどのネットショップで購入するのが一番早いと思います。

 

また、本格的なそろばんを揃えたいという方は、トモエそろばん株式会社で購入すると良いものが手に入ります。

そろばんのメンテナンス方法

そろばんも長い間使っているうちにガタがきてしまうことがあります。

 

例えば、珠がスムーズに動かなくなることがあります。

 

そのようなときの解決策について説明していきたいと思います。

 

珠の動きが悪くなった原因として、竹の軸が湿気により膨張してしまうことや珠と竹の間に脂が溜まるといったことが挙げられ、これらを解決するために滑り粉というものがあり、これをまぶし馴染ませることでその名の通り、滑りが非常に良くなります。

 

滑らし粉を買うのがおしいという人には成分代用としてベビーパウダーや片栗粉などでも似たような効果を得ることができます。

 

そろばんの素材の多くは木製のため、湿気に弱いため、普段からこまめにブラッシングすることがそろばんを長持ちさせる秘訣となります。

 

予備そろばんは必要?

初心者にはそろばんの予備はあまり必要ないと思います。

 

「そろばん」も買ったばかりの新品ですので、すぐに壊れてできなくなるということはほとんどないと思います。

 

長いスパンで習っていくとしたら、自分が使っているものと同じものを買っておくと良いと思います。

 

まとめ

この記事では、そろばんを始める・始めたいという方に向けてどのようなそろばんが必要になるのか、また、他に揃える物は何があるのかという視点でご紹介しました。

 

そろばんが上達するための一つとして、そろばん選びというのはとても大事な事です。

 

価格帯も3,000円ほどあれば、23桁のそろばんを揃えることができます。

 

まずは、手に取ってみて、自分にあったそろばんを選ぶことをおすすめしますが、あまりにも難しく考えすぎてしまうと中々選ぶことができなくなってしまいます。

 

そのためにも、まずは失敗しても良いから買ってみるという気持ちで選ぶのも判断としては必要なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました