そろばん教室のオンライン式と学習塾の違いは?特徴やメリットデメリットについて

そろばん教室

そろばん教室はオンライン式と学習塾でどちらを習わせるべきなのか意外と悩んでいる保護者が多く見受けられます。

そのため、このページでは、そろばんのオンライン教室と学習塾の違いから、メリット・デメリットについてご紹介します。

ページ下部に進むにつれて、特徴からメリット・デメリットをご紹介していきますが、どちらの方法で学習するべきか悩む人は「あなた自身の子どもがどのような性格であるのか」ということを知っておく必要があります。

 

選択を間違うとお金の無駄遣いになる場合もあるので、子どもがやる気になる環境を作ってあげることがとても大切です。

 

そろばん教室のオンラインと学習塾での大きな違いは人と接触する機会が多いか少ないか

そろばん教室について、実教室に通わせるのか、オンライン授業にするのか悩む人は意外と多かったりします。

見出しには、人と接触する機会が多いか少ないかということを挙げましたが、実際には「どちらにすると良いのか」と言われるとどちらにもいいところがあると言う解答が適切かもしれません。

と言いますのも、オンライン教室は実教室にはない特徴がありますし、実教室はオンライン教室にはない特徴があり、それぞれがそれぞれのメリットを持ち合わせているからです。

では、オンライン教室、実教室にはどのような特徴があるのか見てみましょう。

 

オンラインそろばん教室の特徴は、「いつでも」「どこでも」

オンラインそろばん教室の最大の特徴として、「いつでも」「どこでも」という特徴が挙げられます。

現在、そろばん教室に限らず、学習塾はオンラインが中心となってきています。

その背景には、

・経営側は「全国各地から集客ができること」

・受講者側は「どこからでも自分の好みに合った学習塾が選べる」

というWINWINな関係に出来上がっていることが考えられます。

これまでは、特に地方の田舎では、地元密着型の限られた教室に通わなくてはならず、生徒にとっては「先生と合わない」保護者としては「どのような指導方針なのか具体的にわからない」という悩みを持った方が多い印象でした。

しかし、オンライン教室では、その限定的な「場所」から解放され、さらには好きな時間に好きなタイミングで授業の予約ができるようになりました。

そのような点では実教室にはない最大の特徴と言えるでしょう。

 

そろばん実教室の特徴は、「集団学習」「コミュニケーション能力」「競争心」

実教室に通わせることで、オンライン教室にはない特徴があります。

それは、集団学習することによって、「ルール」や「決め事」をしっかり理解できるようになることです。

多種多様な人と接触することによってコミュニケーション能力が向上するという特徴もありますね。

あとは、集団で学習するため、検定やテストの点数などで優劣が出てきてしまいます。

そのため、負けたくないという気持ちが芽生え、競争心が養われると言われています。

ただし、集団学習もコミュニケーション能力の向上も競争心についても賛否両論があるので、一概に良いとは言えないですね。

あくまでも特徴のひとつとして捉えることをおすすめします。

詳しくは下の項目でご紹介します。

 

オンライン教室・学習塾のメリットを3つずつ紹介します

まず初めにオンライン教室のメリットについてご紹介します。

オンライン教室のメリットは「時間や場所が無関係」「少数制・マンツーマンが多い」「風邪などの病気にかからない」ことが挙げられます。

反対に学習塾のメリットは「新しい友達ができる」「集団ルールが身に付く」「周囲と刺激しあえる関係を築ける」ことが挙げられます。

 

オンライン教室のメリット1「時間や場所が無関係」

時間や場所が無関係というのは、絶対的なメリットとも言えます。

オンライン教室の場合は、公式サイトなどから好きな時間帯を選択し、授業を受けることができる教室も増えてきています。

そのため、自分都合でカリキュラムを作ることができるため、学習塾のように指定された日時の予定は確保しなければならないという不都合が排除されます。

また、どこからでも授業を受けることができるため、近くに習いたい教室がない場合には、本来であれば諦めていました。

しかし、オンライン化によって、北海道に住んでいる人が沖縄県で運営されている教室の授業を受けることができるようになるわけです。

 

オンライン教室のメリット2「少数制・マンツーマンが多い」

オンライン教室の多くは、個別指導や少人数制で取り組んでいるところが多いです。

そのため、集団で授業を受ける実教室とは違い、自分が疑問に思ったことや理解していないところについてきちんと発言して、先生から聞くことによって学習効果が得られやすいです。

実教室では、集団の中で授業をするため、疑問や理解できないところがあっても「恥ずかしい」という気持ちが強くなり、なかなか積極的に質問ができない傾向にあります。

特に、小学生にもなると手を挙げて質問することが苦手な子どもも増えてくるのではないでしょうか。

 

オンライン教室のメリット3「風邪などの病気にかからない」

オンラインによる授業は、人と対話することありませんので、風邪やインフルエンザなどの集団感染を抑えることができます。

子どもは保育園や幼稚園に登園しているご家庭であればご存知かもしれませんが、集団生活をしていると風邪などのウィルスを家に持って帰ってきてしまうことがよくあります。

そのため、家族間で風邪を引いてしまったりしてしまい、赤ちゃんがいるご家庭には大ダメージです。

子育て中に体調がすぐれないと本当に辛いですよね。常に夜泣きと闘い寝不足でしょうからね。

 

学習塾のメリット1「新しい友達ができる」

学習塾はオンライン教室では考えられないほど、新しい友達ができます。

子どもは大人とは違い、どんな人とでもコミュニケーションをとることができます。

そのため、思っている以上に、いい友達関係を築けるため、たくさんの人と触れ合うことによって「人の成長」が伺えると思います。

都会になればなるほど、授業を受ける生徒も増え、違う環境の子どもたちと接触する機会も増えることでしょう。

 

学習塾のメリット2「集団ルールが身に付く」

これは、上で述べた「新しい友達ができる」とも似ているのですが、環境や人が変わるとそれに付随するルールも変わってきます。

特に関わる人が変わるとこれまで「当たり前」と思っていたことが当たり前でなくなることもあります。

そうやって、たくさんの新しい友達と関わることで多くの集団ルールを身につけることができます。

 

学習塾のメリット3「周囲と刺激し合える関係を築ける」

学習塾では、友達との会話も増え、「点数どうだった?」とか「進級できた?」といった話が自然と耳にするようになります。

そのような話から、負けたくない、悔しいというライバル感情が芽生えてくることがあります。

これは全ていいことだけではありませんが、(例えば優劣で物事を判断しやすい子どもになったりする)少なくとも、その負けたくないという感情で子どものやる気につながるというのであれば、非常にメリットと言えます。

もちろん中には、私のように自分のライバルは自分という人もいるので、その点に関しては、捉え方次第だとも思っています。

 

オンライン教室・学習塾のデメリット1つピックアップします

先ほどはオンライン教室、学習塾のメリットをご紹介しましたが、もちろん、それぞれにデメリットもあります。

メリットもそうですが、小さいデメリットもたくさんあります。

例えば、オンライン教室であれば通信に必要なデバイスを準備しなくてはならなかったり、ネット回線の固定費やZOOMなどのアプリの接続方法がうまくいかない。

学習塾であれば、子どもを教室まで通わせなければならない、1人で通わせても道中が不安。

などといったデメリットはあります。

もちろん、何か始めることに対してメリットしかないという話は絶対にありませんので、必ず大小なりのデメリットはついてくるものです。

そこで、ここでは一番気にして欲しい最大のデメリットをオンライン教室、学習塾1つずつご紹介します。

 

オンライン教室の最大のデメリットは「誘惑」

オンライン教室の場合、受講場所は自宅などネットワーク環境が整った状態で行われ、学習塾とは異なり、先生や周りの人が同じ空間にいません。

そのため、緊張感を持続させることが難しく、中には「テレビ」や「ゲーム」「おやつ」などなど誘惑するものがたくさんあります。

学習は集中して取り組むことによって学習効果が上がるものですので、学習塾のように先生と生徒が対面し、緊張感がある空間の中で授業することによって学習効果が出やすいものです。

とは言っても

オンライン教室=集中できない

というわけでありませんし、オンライン教室でも集中できる子どもはもちろんいます。

ただ、集中力が散漫になる原因が自宅には多く存在するということはオンライン教室で授業させる上での天敵と言えることは間違いありません。

 

学習塾の最大のデメリットは「自力学習が難しい」

学習塾は、一度授業から取り残されてしまうと自力で学習する気力がなくなってしまう傾向があります。

マンツーマン指導は別として、一度授業についていけなくなってしまうと、子どもはその努力の仕方や学習の仕方がわからず挫折してしまいがちです。

現に私自身もそのような経験があり、体調不良や理解不足で授業についていけないときがありました。

その当時は学習方法がわからないため、学習塾に通っているわけですから、その学習塾で授業についていけなくなると本当に心が窮屈に感じました。

そのため、授業について行くために必死になり、宿題や課題に追われ、子どもの時期で必要な「遊ぶ時間」が奪われてしまいます。

そこが学習塾の最大のデメリットなのではないでしょうか。

 

ではオンライン教室と学習塾どちらのそろばん教室にするべきなのか

これまでオンライン教室と学習塾の特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましたが、結局のところ、どちらに入会させるべきなのか悩んでしまいます。

結論からお話すれば、「子どもの性格はどちらに適しているか」で決めていいと思います。

例えば、自立して学習したいという場合にはオンライン教室をおすすめしますし、集団できちんと学習させたいという場合は学習塾がいいでしょう。

ただし、どちらの場合も親の習わせたいというエゴでは結局お金の無駄になってしまいます。

そのため、オンライン学習であればしっかりと授業に集中して、学習に対するモチベーションが保てているのか、学習塾であればイヤイヤ通っていないか、自発的に学習しているのかが大切なポイントになります。

これからオンライン化がどんどん進んで行くでしょうから、まずはオンラインに慣れさせることも大切なのではないかと個人的には思ったりします。

 

子どものやる気アップにつながる記事です、ぜひご覧ください。

▶️【熱血パパママ】子どもがそろばんを楽しくなる教え方と嫌がる時に行うこととは

 

まとめ

このページでは、そろばん教室はオンライン教室にするのか、学習塾にするのか悩んでいる人が多い印象を受けました。

これからオンライン化が進み、自宅学習も増えてくるでしょう。

オンライン教室は学習塾よりも優れている、もしくは学習塾がオンライン教室より優れているというわけではなく、それぞれの特徴があり、メリット・デメリットがあります。

そのため、そろばん教室を選ぶ際は、子どもがどちらが適しているのかきちんと見極める必要があります。

決して親のエゴで学習させることなく、子どもがやる気を出して学習に取り組む姿勢が大切です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました