そろばんの歴史年表を紹介!中国から日本に伝わったのはいつ?

そろばんの歴史年表を紹介!中国から日本に伝わったのはいつ?そろばん教室
PR

日本でも「読み・書き・そろばん」と言われるほど、そろばんが発達した時代があります。しかしそろばんは中国で発明されました。

では、そろばんそのものが中国から日本に伝わったのはいつ頃なのでしょうか。

この記事では、そろばんの歴史年表を紹介していきます。

記事作成者

株式会社サイトクリエーションの「そろばん教室」担当部署。日本珠算連盟の賛助会員。そろばんの始め方や、教室選びのポイントを解説。最近話題のオンラインそろばんも紹介。実体験やユーザーの口コミをもとにした、役立つ情報を配信中。

サイトクリエーション「そろばん教室」編集部をフォローする
話題のオンラインそろばん教室!
よみかきそろばんくらぶ(PR)
よみかきそろばんくらぶ
家にいながらビデオ通話で
オンラインレッスン!
通塾・送迎不要!
7~21時から選べる授業!
3歳から大人までOK!
\ 3分で申し込み完了 /
無料体験授業はこちら

古代そろばんの歴史

古代そろばんの歴史

そろばんは私たちが今使っている形からではなく、メソポタミア地方で紀元前2000~3000年頃に使われていた『土砂(砂)そろばん』が原型と言われています。その後色々な国で発明され、今のそろばんになったのです。

そろばんが日本に普及するまでの流れ

砂そろばんが始まった頃から、日本に伝わって普及していくまでの大まかな流れを表でまとめてみました。

年代どこで何が発明されたか
紀元前2000~3000年頃メソポタミア地方で≪土砂(砂)そろばん≫が発明(そろばんの原型)
紀元前500年頃ギリシャとローマで≪線そろばん≫が発明
紀元前300~紀元後400年頃ローマで《溝そろばん》が発明
14世紀頃中国では最初、算木を使用。その後、そろばんが普及
16世紀(室町時代後半)日本にそろばんが伝来・普及

メソポタミア地方で発明された土砂(砂)そろばん

紀元前2000~3000年頃、メソポタミア地方では砂や土の上に線を引いて→その上に小石を置いて数を計算していました。

それが、<土砂(砂)そろばん>です。そろばんの原型とも言われています。

今のそろばんの形を思い浮かべてください。砂であっても線を引いてその上に小石を置く、まさに今のそろばんがそのままイメージできますよね。

ギリシャとローマで発明された線そろばん

ギリシャとローマで発明された線そろばん
引用:そろばんの歴史 | 公益社団法人全国珠算教育連盟

紀元前500年頃には、ギリシャとローマで<線そろばん>が発明されました。

砂そろばんとも少し似ていますが、線そろばんは”木や岩などの盤に線を引いて小石を並べて”計算する方法です。この当時は小石だけでなく、骨や象牙で作られた玉も使われていたようです。

この線そろばんは、ヨーロッパで17世紀頃までと長きにわたり続いていきました。

ローマで発明された溝そろばん

ローマで発明された溝そろばん
引用:そろばんの歴史 | 公益社団法人全国珠算教育連盟

ローマで発明された<溝そろばん>は、紀元前300~400年頃に使われていました。青銅製で、溝にはめ込まれた玉を下に下げることで数を数える計算方法です。

中国そろばんは、この溝そろばんが元となってシルクロード~中国に渡ったものという説が濃厚です。

中国でそろばんが普及

中国でそろばんが普及
引用:骨董品の買取なら杉並区の道具屋 慈光

中国でそろばんが普及するまでは、”算木”と呼ばれる竹の棒を用いた方法で計算していました。この計算道具が長く用いられてきていたので、そろばんが実際に普及したのは14世紀頃です。

そしてその3年後の17世紀頃にようやく、そろばんに関係する本なども登場して広く伝わり実際に使われるようになりました。

中国のそろばんについてのより詳しいことは、日本珠算連盟のこちらのページが参考になるので合わせてお読みください。

参考サイト:中国のそろばん|日本珠算連盟

日本にそろばんが伝来し普及

日本にそろばんが伝来して普及したのは、16世紀頃:室町時代の後半~末期の1570年代です。

日本と中国との間で貿易が盛んになり、貿易商が長崎や境(大阪)などの港にそろばんを持ち込んだのがきっかけと言われています。

日本でどのように普及していったのか?その歴史は、次章でともに見ていきましょう。

古代そろばんのより詳しい情報

古代そろばんと言われるのは、この3種類です。

  • 土砂(砂)そろばん(メソポタミア地方)
  • 線そろばん(ギリシャ・ローマ)
  • 溝そろばん(ローマ)
  • 算木(中国)

このように砂から線・そして溝と段階を踏んで、今のそろばんへと形を変えてきました。

どんな形のそろばんだったかなどを知りたい方は、日本珠算連盟がまとめてくれているこちらのページが分かりやすいです。

参考サイト:古代のそろばん|日本珠算連盟

日本でそろばんが普及した後の歴史

日本でそろばんが普及した後の歴史

続いて、室町時代の終わり頃に日本でそろばんが普及してからの歴史をより詳しく分かりやすく紹介します。

中国から日本へそろばんが普及~室町時代後半~末期(16世紀終わり頃)

前章でもお伝えしたように、日本にそろばんが普及したのは室町時代の後半~末期です。

貿易商の手で持ち込まれたことが始まりで、それ以降どんどんそろばんが広がっていきました。

前田利家が陣中でそろばんを使用~安土桃山時代(1592年)


引用:前田利家(豊臣政権の重鎮、加賀大納言) : 年表でみる戦国時代

安土桃山時代の文禄の役(1592年)の際に、前田利家が陣中で初めてそろばんを使用しました。

そこまでまだそろばんが普及していなかった時代ですが、前田利家はお金の重要性をいち早く察知。そろばんを愛用し、ずっと珠をはじいていたようです。このことから異名があり、算術の達人とも呼ばれていました。

戦中もそろばんを常に持ち歩いていたというから驚き!

そろばんを使って兵員や兵糧、金銀の数を計算していたようです。

大津でそろばんが製作、寺子屋が広まる~江戸時代(1612年~)

吉田光由が数学の原理を分かりやすく説明した「塵劫記」を出版
引用:塵劫記(じんごうき)とは? 意味や使い方 – コトバンク

1612年の江戸時代には、大津(滋賀県)でそろばんが製作され始めました。江戸時代の初期:1627年頃には、吉田光由が数学の原理を分かりやすく説明した「塵劫記」を出版しました。

戦が無くなって平和な世になった折に、商業が発達。計算には欠かせないものとして、そろばんが重宝されるようになったのです。

寺子屋が増え始めたのもこの時代で、出版された「塵劫記」とともにそろばんが普及していきました。

小学校で珠算が取り入れられたものの、一度は使用禁止に~明治時代(1873年)

時代は変わり、明治時代に入ります。1873年には小学校での算術(算数)に珠算が取り入れられるようになり、小学生たちはそろばんを学ぶようになります。

しかし明治5年に西洋の数学を採用するとのことで、政府が一度はそろばんを使用禁止・学校教育でも指導しないように通達しました。そろばんは、和算としてみなされたためです。そろばんが使えないのでその当時は、ヨーロッパ式の数学・計算方法で学んでいたようです。


引用:そろばん博物館 | あんざんパワーで脳力アップ!!黒川速算塾石原教場

そろばんも計算方法として認めるようになったのは、翌1年後の明治6年です。この時代に使用されていた(そろばんの)形は、五珠が2個・一珠が5個のそろばんでした。

五つ珠そろばんが使われるように~大正時代

五つ珠そろばんが使われるように~大正時代
引用:五つ玉算盤

五珠が2個・一珠が5個のそろばんから替わり、”五珠が1個・一珠が5個”の五つ珠そろばんが使われるようになったのは、大正時代です。

五つ珠そろばんとは、五の珠はカウントせず

一の珠が5つあるそろばんのこと!

検定試験スタート、四つ珠そろばんが主流になり世界各国へ普及~昭和時代

検定試験スタート、四つ珠そろばんが主流になり世界各国へ普及~昭和時代

そろばんの検定試験が始まったのは昭和の時代で、1927年です。

より速く計算が可能な十進法が登場したことにより、そろばんはより使いやすい形=”五珠が1個・一珠が4個”の四つ珠そろばんが主流になりました。

1935年には教科書の改訂に伴い、小学校でのそろばん授業が必須に。定位点も4桁から3桁へと変更になったのも、この頃です。

昭和30~40年頃が、そろばんの全盛期と呼ばれる時代に突入します。そろばんの級を取得すれば就職に有利と言われていたため、小学生の10人に半分はそろばんを習うようになったほど。そろばん人口は800万人を超えていた、と言われています。

筆者の母親は昭和34年生まれで、まさにそろばん全盛期に生きた人。

段位も取得したほどで、ずっと続けていました。

日本だけでなく、世界各国へもそろばんが広がっていきました。

戦後は電卓やコンピュータ化が進み、そろばん需要と職人も激減。

しかし全盛期から10~20年ほど経った昭和50年頃は電卓が登場し、コンピュータ化も進んでどんどん経済も発達していきました。便利な反面、そろばんを使用する価値が薄れてきたのです。

電卓はボタンを押すだけで間違いなく正確に答えを出してくれるため、そろばんの需要が激減。そろばんを製作する職人まで減ってしまいました。

右脳を鍛え集中力を高める習い事として見直される~平成時代から現在

そろばんの存続そのものが危ぶまれたものの、そろばんをはじくことで右脳を鍛えて集中力を高める習い事として認知されるように。

そろばんの価値が見直され、再びブームが到来。注目されるようになりました。

日本のそろばんの2大産地

日本のそろばんの2大産地

日本でそろばんが普及してきた歴史が、お分かりいただけたでしょうか。

次にこの章では、日本のそろばんの2大産地と言われる

  • 播州そろばん
  • 雲州そろばん

この2つのそろばんについて学びましょう。

播州そろばん

播州そろばん
引用:伝統的工芸品 播州そろばん | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

播州そろばんは兵庫県小野市を中心に作られている、兵庫県の伝統工芸品です。

1573~1591年に豊臣秀吉が三木城を攻略した際に、攻撃から逃れるために大津へと逃れた民がその場所で大津そろばんの技術を取得。

地元:播州(小野市)に帰郷して、そろばんを製造したことが播州そろばんの始まりと言われています。

主に、学校や商業などで使われていました。

兵庫県|そろばん

雲州そろばん

雲州そろばん
引用:雲州そろばんの製作から販売まで|雲州そろばん 協業組合

島根県奥出雲町で生まれ、「質の雲州」と言われるほどに優れた品質で製造されているのが”雲州そろばん”です。

珠運びが良く高い冴えた音がするように、珠と芯竹を細心の注意を払って仕上げています。

播州そろばんとは違い、主に銀行用のそろばんを製造していたと言われています。

島根県:雲州そろばん|奥出雲町

まとめ

そろばんはメソポタミア地方の砂そろばんから始まり、線そろばん~溝そろばんを経て中国から日本へとやってきました。日本に来てからは戦前~戦後と様々な時代を経て、今のそろばんがあります。

そろばんは脳(特に右脳)を鍛えるのに効果があり、また右脳を鍛えることで様々なメリットがあります。ゆえに何でも揃う便利な時代になっても、そろばんは子どもたちの習い事の中でも根強い人気です。

一度は存続できるのか?消滅してしまうかもしれない‥といった時代もあったものの、現在のようにそろばんを習う子どもたちが増えているのは感慨深いものがありますね。

子どもたちにそろばんの歴史を伝えたい場合は、より簡潔に分かりやすくまとめた

そろばんの歴史年表を子ども向けに簡単に解説!

こちらの記事をお役立ていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました