そろばんケースの作り方!キルティング素材のファスナー付きケース

そろばんケースの作り方!キルティング素材のファスナー付きケースそろばん教室
PR

今回は、家で自作ができて、一般的に使われている「キルティング素材でファスナー付きのそろばんケース」の作り方を紹介します。

キルティング素材は通気性が良く、厚手のものだと衝撃を吸収できるのでおすすめです。

またファスナーがあることで、そろばんが取り出しやすくなり便利です!

記事作成者

株式会社サイトクリエーションの「そろばん教室」担当部署。日本珠算連盟の賛助会員。そろばんの始め方や、教室選びのポイントを解説。最近話題のオンラインそろばんも紹介。実体験やユーザーの口コミをもとにした、役立つ情報を配信中。

サイトクリエーション「そろばん教室」編集部をフォローする
話題のオンラインそろばん教室!
よみかきそろばんくらぶ(PR)
よみかきそろばんくらぶ
家にいながらビデオ通話で
オンラインレッスン!
通塾・送迎不要!
7~21時から選べる授業!
3歳から大人までOK!
\ 3分で申し込み完了 /
無料体験授業はこちら

手作りそろばんケース:用意するもの

手作りそろばんケース:用意するもの

なるべく簡単に作れるように、3つの材料で製作できるようにしました。

あとはミシンや仮止め用のクリップ、ハサミ・メジャーなど道具です。

【材料】

  • いつも使用しているそろばん
  • 好みのキルティング生地
  • バイアステープ

【道具】

  • ファスナー
  • ミシン
  • クリップorまち針
  • ハサミやメジャー

いつも使用しているそろばん

ぴったりサイズのケースを作るため、いつも使用しているそろばんを用意してください。このそろばんのサイズに合わせて、キルティング生地をカッティングします。

好みのキルティング生地

キルティング生地は、自分が好きな柄を選ぶのがおすすめ。気に入ったものなら、より愛着が湧きますよ。

生地はネットでも買えますし、手芸屋などに行くと種類も充実・素材も実際に触ることができます。

キルティング生地とは、表地と薄手の裏地の間に、フカフカの綿を挟む。

引用元:【生地】キルティングと中厚手生地の違い | te-tte

バイアステープ

フチ取りのために使用します。生地のふちを包む形で縫うので、見栄えも美しくなるのがメリットです。手間はかかりますが、あると無いのでは仕上がりが全く違いますよ。

バイアス布を細くテープ状に切って、使いやすいように折ったり、芯をいれたりして加工したのがバイアステープです。衣服や小物などの裾上げやふちを縫いとるために用いられます。

引用元:バイアステープについて | キャプテン株式会社

初めて使う場合は、難しいと感じるかもしれません。しかしその場合は下記の一旦アイロンで装着するタイプだと、ズレにくくて扱いやすいです。

必要に応じてアイロン装着タイプを!

バイアステープの種類によっては、アイロンで装着してから縫うものもあります。Amazonで見るだけでも、これだけの種類があります。

バイアステープ アイロン装着|Amazon

最初は、アイロン装着タイプを使うとストレスフリー◎

縫うのとアイロンで付けるのとでは難易度が違うよ!

ファスナー

ファスナーも用意しましょう。そろばんより長いケースを作るので、長さに気をつけて購入してください。50㎝ほどあるのが最適です。ハサミで切れる物だと、なお良いです。

100均にも販売されていますが、これほど長いものがあるかどうか‥なのでAmazonなどネットで買った方が良いかもしれません。

Amazonで調べてみたところ、カラーはネイビーのみでしたが964円で販売されていました。

ミシン

手縫いでも良いですがかなり大変なので、ミシンで縫うのがおすすめです。仕上がりも綺麗ですよ!

クリップorまち針

キルティング生地にキルト芯・裏地や、ファスナーを仮止めする際に使います。

まち針が無くても、クリップでも代用できます。クリップを使う場合はあまり大きいものでは無く、小さい方が挟みながらでもミシンで縫いやすいです。

ハサミやメジャー

糸を切ったり、そろばんの長さを測るために必要です。普段使用している物で構いません。

そろばんケースの作り方~10STEP

そろばんケースの作り方~10STEP

キルティング素材のファスナー付きそろばんケースは、このような流れで製作していきます。

私の母が、実際に作ってくれた手順です。

ファスナー付きで、非常に使いやすかったのを覚えています。

  1. そろばんの長さを測る
  2. キルティング生地をカットする
  3. バイアステープを仮止め後、生地の3辺に縫う
  4. キルティング生地にファスナーを仮止めする
  5. キルティング生地を裏返して、ファスナーと生地を少しだけ縫う
  6. キルティング生地を表にして、ファスナーをミシンで縫う
  7. 生地を折り、ファスナーの開閉を確認する
  8. ファスナーの金具部分をクリップで留め、生地を裏返す
  9. 残り1辺(短辺)の部分をミシンで縫う
  10. 角の部分も三角に折りたたんで、先端を縫う
  11. 生地を裏返して形を整え、完成!

1つずつ確認しましょう。

1.そろばんの長さ(3辺)を測る

お持ちのそろばんの長さを測りましょう。縦×横、そして厚みも測っておくと良いです。

27桁のそろばんであれば、縦6.5cm×横38.6cm×厚み1.6㎝ほどです。

2.キルティング生地をそろばんに合わせてカットする

キルティング生地をそろばんに合わせてカッティングしましょう。この時、ちょうどのサイズだと入らなくなるので、7~8㎝ほど長く45㎝ほどに切るのをおすすめします。

生地を2つに折って縫い合わせるので、縦の部分は余裕をもって16~17㎝ほどにすると良いです(そろばんの縦×2で13㎝になるため)。

17㎝にすればそろばんを入れた時に左右が2㎝ずつ計4㎝余裕ができ、スムーズに出し入れできますよ。

3.バイアステープをクリップで仮止めして、生地の3辺に縫い付ける

バイアステープをキルティング生地に仮止めしてください。針でもクリップでも、どちらでもOKです。

テープやピンなどで一時的に固定させておくこと。

引用元:仮止め | コトバンク

仮止めする場所は、キルティング生地の縁全体です。バイアステープを折り、生地を挟むように留めていきます。

仮止めしたまま、長辺2か所と短辺1か所:計3か所にバイアステープを縫い付けていきます。仮止めしたクリップは縫いながら外していくと、ズレることなく綺麗に縫えます。

4.キルティング生地に、クリップを使ってファスナーを仮止めする

キルティング生地にバイアステープを縫い付けれたら、次はファスナーの仮止めです。クリップを使い、まず長辺に合わせてファスナーを留めましょう。

5.キルティング生地を裏返し、ファスナーを少しだけミシンで縫って固定する(省略可)

ファスナーを仮止めできたら、キルティング生地を裏返します。ファスナーの最初の部分を、少しだけミシンで縫います。

ズレを防ぐためのものなので、省略しても構いません。

6.キルティング生地を表にして、バイアステープを付けた場所にファスナーをミシンで縫う

再度、キルティング生地を表にします。手順3.で付けたバイアステープの部分に、ファスナーをミシンで縫っていきますよ。この時、ファスナーは生地の裏に置いて縫います。

長辺から始めて、短辺→また長辺と3辺にファスナーを生地に縫い付けます。

7.生地の長辺を合わせて二つ折りにし、ファスナーの開閉を確認する

ファスナーを付けることができたら、キルティング生地の長辺同士が合うように二つ折りにします。

ファスナーがスムーズに開閉するかを確認してください。ここまで来れば、あともう少しで完成です。

8.ファスナーの金具部分をクリップで留めて、生地を裏返す

ファスナーの金具部分をまずクリップで留めてから、生地を綺麗に裏返してください。バイアステープもファスナーも付いていない、残りの短辺部分を縫うためです。

9.バイアステープ・ファスナーが無い、残りの短辺部分をミシンで縫う

裏返したまま、バイアステープ・ファスナーが無い短辺部分をミシンで縫っていきます。

10.角の部分も三角に折りたたんで、先端を縫う

角が三角の頂点になるように折って、頂点部分をミシンで縫います。この時はまだ生地が裏のままです。

三角部分を縫うことで裏返したときに袋のようになり、ファスナーが付いていない箇所でもきちんと形が保たれるようになります。

11.生地を裏返して、形を整えてケースが完成!

最後にキルティング生地を裏返して、綺麗に形を整えます。

そろばんを入れて、無事にキルティング素材のファスナー付きそろばんケースが完成です。お疲れさまでした!

そろばんケースを作る2つのコツ

最後に、そろばんケースを作るコツを2つお伝えします。

コツ①ファスナーが難しければ、無しでもOK

今回はファスナー付きで作成しましたが、ファスナーを付けなくてもそろばんケースは作ることができます。

持っていなかったりミシンで縫うのが難しいという人は、必ずしもファスナーを付ける必要はありません。好みもありますし、どちらでもOKです。

マジックテープで蓋をするケースにすると簡単!

ファスナーを付けないとすると、他のもので代用しなければなりません。何もつけないままだと、そろばんが落ちてしまうからです。

おすすめなのが、マジックテープで蓋をするケースです。マジックテープは100均で簡単に手に入りますし、縫わなくて良いので楽ですよ。やり方を簡単ですが、紹介します。

①そろばんのサイズちょうどの長さの布と、長い布の2種類用意

➁ちょうどの長さ・長めの布とも2枚ずつ、柄が内側になるようにする

③それぞれをミシンで縫い、柄が表になるように裏返す

④長い布の方を折って蓋になるようにし、短い布と合わさるようにマジックテープを付ける

コツ②YouTubeなど動画を見ながらだと作りやすい

2つ目のコツは、YouTubeなど実際に動画を観ながら作ることです。どうしても文字だけではイメージしにくい部分があるので、ぜひYouTubeで検索してください。

YouTubeで検索して自分が作りやすい動画を見つけて、それを真似て作るのがおすすめです。分かりにくいところは一時停止しながら、何度でもリピートできるのも動画のメリットです。

まとめ

キルティング素材のファスナー付きそろばんケースの作り方を紹介しました。

必ずしもこの方法で作る必要はありません。マジックテープなども有効に使いながら、自分が作りやすいと思うやり方で、製作していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました