そろばん教室と公文式算数はどっちがいいのか特徴とともに解説します。

そろばん教室

「算数を習いたい」「苦手を克服したい」そう思って子どもに学習塾へ通われる親御さんはたくさんいるのではないでしょうか。

そのような時によく声を聞かれるのは「そろばんvs公文」どちらがいいのでしょうか?という声です。

その質問に対しての答えをお伝えするのであれば、「子どもの目的に合わせて選択すれば間違いではない」「ただし、両方は控えるべき」というのが私の答えです。

ではなぜそのような答えになるのか、この記事で解説していきます。

 

そろばんの学習と公文算数の学習とでは、目的が大きく異なります。

そろばん教室と公文式算数どっちがいいのか迷っている人がたくさんいる

子どもの習い事ととしてそろばん教室と公文式算数で迷っている親御さんは多いです。

 

なぜなら、そろばん教室と公文式算数はただの習い事としてだけではなく、家庭によっては中学受験の基礎力を付けるために教室を選んでいる場合もあるからです。

 

そこで今回はそろばん教室と公文式算数の特徴と、それぞれにあるもの・ないものをご紹介します。

 

そろばん教室の特徴

そろばん教室の最大の特徴といえば、計算能力の向上に重きを置いている点ではないでしょうか。

 

計算能力と一言で言いましたが、そろばんは計算能力はもちろん、集中力、想像力、咄嗟のひらめき、記憶力を身に付けるのにピッタリの習い事です。

 

また教室によっては子どものしつけをしてくれる場合もあります。

 

またそろばんには検定試験というものがあり、ほとんどの教室で試験を受験することができ、合格すると資格として履歴書などに記述することが出来ます。

 

授業内容は、足し算・引き算・かけ算・割り算・小数の計算をそろばん、または暗算で解いていきます。

 

教室によっては、パソコンやタブレット端末を用いたフラッシュ暗算や伝票を使いながら計算する伝票算を取り入れている場合もあります。

 

その他、競技大会に向けて練習をしている教室もあります。そろばん教室は「そろばん」という一つのスキルを伸ばすための教室と考えてもいいかもしれません。

 

そろばん教室にあるもの

公文式算数にはない、そろばん教室にあるものといえば「暗算」ではないでしょうか。

 

暗算はそろばんの基礎ができて初めて出来るようになる、謂わば「頭の中のそろばん」です。

 

一朝一夕に暗算は出来るようになりません。

 

公文式算数では身につけることの出来ない「暗算」はそろばん教室の一番の特徴かもしれません。

 

そろばん教室にないもの

そろばん教室ではいわゆる「算数」、その中でも「計算」を中心に学習します。

 

算数の公式などは学習しないことがほとんどです。例えば、そろばん教室では文章問題、図形、分数などは学習しません。

 

そろばんを使用しているので筆算も使用しません。

 

先述したように、足し算・引き算・かけ算・割り算・小数の計算が中心で、級数が上がればあまりのある割り算も登場します。最近では一部のそろばん教室でも算数の公式を勉強するようですが非常に稀だと思います。

 

公文式算数の特徴

公文式の特徴として子どもの年齢に合わせた授業ではなく、子ども一人ひとりの学習ペースに合わせてどんどん内容が進んでいくので、ほとんどの場合は学校の授業を先取り学習することになります。

 

なぜなら公文は「自学自習力=自分で学ぶ力」を大切にしており、出来るだけ早く高校教材を学習することを目標にしているからです。

 

これは算数・数学だけではなく、国語、英語も同じです。

 

また公文はプリント形式の授業なので取り組みやすく、学習習慣をつけやすいことも特徴です。

 

公文式算数にあるもの

幼児レベルの数を数える練習から、高校数学までの算数・数学を網羅していることが挙げられます。

 

といってもいきなり算数から数学ではなく、少しずつステップアップしていくので安心です。

 

公文式算数は計算問題を主としています。

 

その理由として、算数や数学は難しくなればなるほど「考える力=思考力」を必要とします。

 

正確に早く計算する力を身に付けて、考える時間と力を生み出すために公文式算数は計算問題が多く用意されているのです。

 

公文式算数にないもの

公文式算数でもそろばん教室と同じく、計算問題に重きを置いています。

 

なので図形問題が少ないこと、高校数学を目標にしているので計算問題の中でも少数の問題が少ないことが挙げられます。

 

公文式は特定の教科、この場合でいえば算数・数学を無学年形式で学習していきますので、それ以外の分野、先述した図形問題や少数の問題などを自力で補っていく必要が出てきます。

 

迷う最大の理由は「学習能力の向上」

やはり、そろばんと公文算数どちらにするべきか悩んでいる人の多くは、「学習能力の向上に効果的なのはどちらなのか」ということです。

 

もちろん、どちらにせよ、お金を支払っている以上は「意味ない」「効果がなかった」となってしまっては仕方がありません。

 

では、学習能力を向上させるためにはどちらがいいのか、次の項目でお伝えしていきます。

 

迷っていて背中を押して欲しいならそろばん教室です

おすすめはそろばん教室です。

 

そろばん教室も計算問題が主であり、文章問題や図形、分数などは学習しません。

 

それでも、そろばんをおすすめする理由は以下の2つあります。

1 右脳の活性化により、イメージや想像、頭の回転の良さの向上
2 検定試験による資格取得

 

右脳の活性化により、イメージや想像、頭の回転の良さの向上

1つ目は右脳の活性化によって、イメージや想像力が増し、頭の回転がよくなると言わており、右脳を鍛えるためにはそろばんが効果的と言われています。

 

これは、アメリカ・ヨーロッパの大学、脳トレで有名な川島教授の研究などで証明されています。

 

短期的に見た場合、「計算ができるようになる」という答えを見てしまいがちですが、長期的に見た場合、頭の中で物事の想像ができる癖がつきます。

 

そのため、そろばんは短期的な習い事ではなく、長期的な習い事という認識が必要であります。

 

そして、このそろばん学習の積み重ねが子どもが成長し、社会に出た時に大いに役立つのではないでしょうか。

 

検定試験による資格取得

2つ目は検定試験による資格取得です。

 

検定試験は子どもにとっての目標になるだけでなく、学習意欲(モチベーション)の維持にも繋がります。

 

また合格した検定試験は履歴書などに記入できる資格となります。

 

さらに暗算が出来るようになればそろばん無しでどこでも計算が出来るので、子どもが成長し大人になってからも非常に便利です。

 

もちろん、高校数学を目標とした公文式算数にも魅力はありますが、結局のところ高校在学中までしか活用できないのではないでしょうか。

 

ですので、そろばんの方が長い目で見たときに、子どもにとって有利になる習い事になるかと思います。

そろばん教室と公文式算数どちらも習わせるのは子どもが混乱するしお金の無駄

そろばん教室と公文式算数の両方に通うことはおすすめしません。

 

なぜなら、そろばんと公文式算数では、同じ計算問題でも解き方が全く異なるからです。

 

まずそろばんでは筆算を使いません。

 

そろばんもしくは、暗算で計算を行います。

 

これは私の体験談でもありますが、そろばん教室に通っている子どもは筆算を見ると混乱します。

 

なぜなら筆算で考えるより先にそろばんのイメージが頭の中に出てくるからです。

 

何も書かなくても計算出来るのに、わざわざ筆算を使うと「あれ?ここはどうなるんだっけ?」となり、混乱してしまうのです。

 

一方公文式算数は、筆算が既にプリントに書かれており、一部を穴埋めクイズのように数字を記入します。ですので、そろばんと公文式を併用するよりはどちらかに絞って学習する方が効率的だと思います。

 

 

本当に悩む場合はデメリットから消去法で選んでみて

・そろばんのデメリット

①計算問題が主なので、図形・文章問題・分数に弱い

②そろばんで計算をするので、暗算ができるようになるまではそろばんが必須

③「そろばん」という一つのスキルだけにしか強くなれない

 

・公文式算数のデメリット

①計算問題が主なので、図形・文章問題・分数に弱い

②「自学自習力=自分で学ぶ力」を育てることを重視しているため、応用力が育たない

③学校の授業を先取りできるが在学中でしか活かすことができない

 

まとめ

この記事では、そろばん教室と公文算数のどちらを習わせるのかという疑問についてお伝えしてきました。

 

そろばん教室も公文算数もどちらも習わせるメリットがあります。(もちろん学習教室なので当然なのですが。笑)

 

しかし、親御さんとしては習い事をさせる以上はお金もかかりますし、子どもが賢くなって欲しいという願いもあることでしょう。

 

そのためには、どちらを習わせるにせよ、目的をしっかり持つようにしたほうがいいのではないでしょか。

 

そろばんは長期的に習わせることで、右脳を鍛えることができ、イメージや想像力を鍛えることができる。

 

公文算数は勉強をする、させるために必要な基礎の習得。

 

この目的の違いをきちんと把握することによって、どちらを習わせるか答えが出てくると思います。

 

今、そろばん教室と公文算数でお悩みの親御さんはこの目的の違いを把握してどちらがふさわしいのか、ぜひ判断してみてください。

 

そろばん教室にしようと検討されている場合は次の記事もご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました